呼吸が苦しそう!家で出来る猫の鼻づまりの解消方法は?

猫が口を半開きにして口呼吸をしていたり、呼吸するたびにプープーピーピーと鼻を鳴らしていたりするなら、鼻が詰まっている証拠です。

 

また猫は匂いで食事をするので、食欲が低下していたり息苦しいこともあって動く元気がなくなったりするのも鼻づまりが原因なのかもしれません。

スポンサードリンク

鼻づまりの原因は2種類

猫の鼻づまりの原因は、大きく分けて「鼻に異物が詰まっている」か「病気」かの2つです。

鼻づまりを起こす病気としては、「猫ウイルス性鼻気管炎」や「猫カリシウイルス感染症」、「クラミジア感染症」、「肺水腫」などが挙げられますす。

 

いずれにしても病気が原因なのですから、まずは原因となっている病気を治療するのが根本的な解消方法となります。

これらの病気は鼻づまりの他にくしゃみや咳、目やに、発熱、よだれなどの症状も見せるため、猫をよく観察し異常が見られたならすぐに病院へ連れて行ってください。

 

一方、「鼻に異物が詰まっている」というのは、鼻水や鼻くそ、ホコリなどが物理的に鼻に詰まっているということです。

病気ではないので一時的な問題で、取れないようなら飼い主が何らかの解消方法を施してあげることで解決します。

スポンサードリンク

吸い取ってみる

例えば、人間の赤ちゃん用に販売されている鼻水吸い出し用具を利用するのもその1つです。

薬局やネット通販などでも売られていて、人間の赤ちゃんより小さな猫ですが、大人しく使わせてくれる子であれば直接これで吸い出すと手っ取り早く解消させることができます。

 

ただ、嫌がる猫も多いと思うので、ムリに使用するくらいなら他の解消方法を試してみる方が良いでしょう。

 

湿らせてみる

別のもう少し簡単な方法としては、「鼻の中に少量の水を入れてやる」というものがあります。

鼻の中で鼻水がドロドロに固まってしまって出てこない場合に、水分でふやかして滑りやすくしてやるというわけです。

 

ただ、あまりたくさん水を入れすぎても猫が嫌がりますし、気管に入ると炎症を起こすこともあるので、あくまで少しずつ、様子を見ながら入れると良いでしょう。

方法としては、猫を抱っこしてリラックスさせ、鼻を撫でてあげるふりをして鼻の穴に1~2滴水を垂らすというのがお勧めです。

 

普段から鼻のお手入れを

また、普段から鼻のお手入れをしてあげることも大切です。

鼻のお手入れに使うのは、水やぬるま湯で絞ったガーゼかコットンで、猫を抱っこして片手で頭を固定させ、ガーゼやコットンで鼻の周辺と穴、鼻の横の溝を丁寧に拭いてあげましょう。

 

猫がリラックスしている瞬間を狙って、さっと素早くお手入れしてあげるのがコツです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ