冷たいんだけど・・・猫が鼻をくっつける理由は?

猫が突然、飼い主の手足や顔に鼻をくっつけてきて、そのヒンヤリと湿った感覚に飼い主がびっくりしてしまうことがありますね。

 

この「猫が鼻をくっつける行為」を、通称「鼻キス」などと呼んだりしますが、これは猫同士が出会った時に行う挨拶の習慣から来ています。いったい、なぜ猫が鼻をくっつけるのか理由について紹介します。

スポンサードリンク

猫は鼻で情報を集めている

そもそも猫は視力が弱く、情報収集の殆どを嗅覚に頼っています。猫の鼻がいつも濡れているのも、湿らせることでニオイの分子がくっつきやすくなるためで、こうして敵か味方か獲物か、などを判断しているのです。

 

そのため、敵意のない猫同士が出会ったときにはお互いに鼻をくっつけ、口の周りにある臭腺から出る匂いをかぎあって挨拶するわけです。

 

この口の周りにある臭腺から発しているニオイには、本人の年齢や食事内容など、いわゆる「個人情報」が入っているため、ここを嗅ぎ合うことが人間で言う「名刺交換」のようなもので、つまり挨拶になるということです。

 

鼻をくっつけ合って挨拶した後そのままお別れすることもあれば、次にお尻のニオイを嗅いで更に情報収集することもあります。

 

相手のお尻のニオイを嗅ぐというのもよく見かける光景で、肛門腺から出ている分泌物のニオイで更に多くの情報が得られるようになっているためです。

 

猫が飼い主の鼻や手足に鼻をくっつける理由も同じで、ニオイを嗅いで情報を収集すると同時に挨拶しているわけです。

 

慣れ親しんだ、大好きな飼い主のニオイを確認し、「おはよう」「おかえりなさい」などと挨拶しているんですね。

スポンサードリンク

構ってほしいときに鼻チョンする

また、鼻を飼い主にチョンとくっつけることで、「構ってほしい」とおねだりする意味合いもあります。

 

「遊んでほしい」「撫でてほしい」「お腹空いた」などを伝えて、飼い主に何らかのアクションを求めているわけです。

 

だから突然、猫が鼻をくっつけてきたときには無視をせず、何をしてほしいのかを汲み取ってあげましょう。構ってほしいのに相手にしてもらえないと猫はストレスを溜めてしまいます。

鼻キスしてあげるときの注意は

逆に、中にはカワイイ愛猫とのコミュニケーションとして鼻キスしたい!という飼い主さんもいることでしょう。

 

ただ、気になるのは衛生面です。猫からうつされる人獣共通感染症は、噛みつかれたり引っ掻かれたり排泄物を処理したりする時だけではありません。

 

猫とキスをしたり食器を共有したりといった過剰なスキンシップでも感染する可能性があると言われています。猫は自分のお尻を舐めたりして、鼻もペロッとしているので、鼻が汚れていることもあります。

 

ただ、たまに鼻同士のキスをするくらいならそのせいで感染してしまうということは殆どないので、それほど心配する必要はないでしょう。

 

ただし、体調が悪いときなど免疫力が低下しているときには、なるべくやめておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ