猫に歯磨きは必要?嫌がるけどする?

猫って歯磨きを嫌がることがほとんどなのですが、本当に必要なのでしょうか。

 

猫の歯磨きをしなかったらどんなことが起こる可能性が出てくるのでしょう。

スポンサードリンク

猫は歯に問題が起きにくい?

全く歯磨きをすることがない野良猫であっても、虫歯で歯がボロボロになっているのを見ることはないので、猫に歯磨きは必要なのかと疑問に感じる方も少なくないです。

 

本来獲物を捕らえて食する猫は、肉や骨を噛み切ることにより歯がブラッシングされるので歯垢が溜まりにくく、比較的歯周病になりにくいと言われています。

 

また、歯の形や口腔内のpHの関係からも歯磨きしなくても虫歯にはなりません。

 

(野良猫の寿命がかなり短いため、歯に異常があらわれる前に寿命がきてしまうという理由もあります。)

 

しかし、家で飼っている猫の場合には、これは当てはまりません。

スポンサードリンク

猫に歯磨きは必要?

それは柔らかいウェットフードや食べやすいサイズのドライフードなどを食べているからで、そうした食生活の変化が原因となり得るので歯磨きは必要といえるのです。

 

実際に飼い猫に歯周病は多く、3歳以上の猫の約8割が歯周病にかかっていると言われているのです。

 

歯周病も初期の段階なら口臭程度で済むのですが、進行して重度になると歯が抜けてしまいます。

 

さらに、歯周病菌で尿毒症や副鼻腔炎を併発したり、臓器に悪影響を与えたりすることも考えられるのです。

 

猫の歯周病は寿命を縮めてしまう原因の1つになっています。このような最悪の事態を招かないためにも、猫の歯磨きは必要なのです。

ws000313

虫歯や歯周病の予防で最も効果的なのは歯磨きなのですが、猫は犬以上に歯磨きを嫌がるもので、場合によっては難しくて諦めざるをえないこともあります。

 

しかし、嫌がるからと言って歯磨きをしないと歯周病になって、それにより重大な病気になる可能性もあるので、嫌がるから諦めるというわけにはいきません。

 

できれば小さい頃から、歯磨きに慣れさせていくのが理想です。猫の歯磨きの方法は>>

 

歯ブラシを嫌がる場合には、ガーゼや歯磨き用ウェットシートを使用して歯の表面の歯垢だけでも除去することです。

 

歯周病予防で大切な歯と歯茎の間については磨けませんが、全く歯磨きしないよりは予防になります。

WS000092

ブラッシングが無理という場合には、口腔内ケア用品を使用して最低限歯垢が付きにくい口腔環境を作ることを心がけると良いです。

 

全く口に触ることも嫌がる場合には、ブラッシング効果が期待できる療法食やおやつで代用することもひとつの手段として考えられます。

 

猫が歯磨きを嫌がる場合には、このような対策をしてみてください。いずれにしても、猫には歯磨きが必要なことであることをしっかりと認識することが大事ですし、それが歯周病にならない大前提になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ