猫がゴロゴロ言わない・・・言わなくなった!その理由とは?

今までは自分の膝の上に乗せてあげると嬉しそうにゴロゴロ言わなくなったら自分を嫌いになったのかもと不安になるかもしれません。

 

このゴロゴロ言わないのには色々理由があるかもしれないのです。

スポンサードリンク

猫がゴロゴロ音を出すのに一番多い理由は嬉しい気持ちを表しているということです。

 

子猫が母猫の母乳を飲む時にゴロゴロ音を出します。これは母猫に自分の存在や満足感を伝えていると言われています。

 

同じように飼い主さんなどにゴロゴロ音を出すのは嬉しい気持ちをアピールしているからと考えられています。それだけに猫が自分に対してゴロゴロ言わなくなくなったらその理由を知りたいでしょう。

スポンサードリンク

猫がゴロゴロ言わなくなった理由は

考えられる理由の一つ目は大人になったということです。子猫の時とは違って大人になると感情も安定してくるので、ゴロゴロ音を出さなくなる場合が多いのです。

 

前はもっとゴロゴロスリスリしてたのに!という寂しい気持ちになってしまいます。

 

また避妊や去勢の手術をするとゴロゴロ言わなくなったという飼い主さんの話もよくあるんです。とくにもともとゴロゴロ言うのが少ない場合には全く無くなってしまうことが多いようです。

 

性格な理由はわかりませんが、何かしらホルモンのバランスが影響しているのかもしれません。

 

もともとゴロゴロ言わない猫

次の理由として挙げられるのはもともとゴロゴロ言わない猫だったということです。猫の多頭飼いをしている方ならお分かりかもしれませんが、ゴロゴロ言う子と言わない子があります。

 

ゴロゴロ言わない子が無愛想かというとそういう訳ではなく、ゴロゴロとは違った方法で愛情表現をしている場合があります。

 

扉の前でずっと待っているとかしっぽを振るとかいろいろな方法で嬉しい気持ちを伝えているはずです。ゴロゴロ言わないのも個性としてとらえた方が良いでしょう。

 

ゴロゴロの音が小さすぎる

あるいはゴロゴロ言っているのだけど、音が小さすぎて人間が気づいていないことも考えられます。

 

実家の猫がこれでした。ほんとうに顔をくっつけてみないと分からないくらいの小さいゴロゴロ音だったのです。もしかしたら人間には聞こえない周波数のゴロゴロ音を出している可能性も。

 

ゴロゴロ言わなくても飼い主さんのことが嫌いになったわけではないので神経質になりすぎないようにしましょう。言わなくてもスリスリしてくれたり、膝の上に乗ってきてくれたりしてくれているなら問題無しです。

 

ゴロゴロを急に言わなくなった理由は

成長した結果、いつの間にかゴロゴロ言わなくなったということもあるんですが、注意することもあります。

 

ずっと元気だった子が最近妙に元気がなくなってゴロゴロ言わなくなったという場合はもしかしたらストレスが理由かもしれません。

 

猫は神経過敏な動物ですから、少しでも環境が変わるとストレスを感じてしまいます。ゴロゴロ言わなくなったのであれば、何かストレスを感じているサインの場合もあります。

 

ストレスの原因を確かめて早めに対応してあげてください。

 

  • 餌の場所を変えた
  • トイレの場所を変えた
  • 新しい猫や犬を飼いはじめた
  • 赤ちゃんが生まれた
  • 引っ越しをした
  • 餌の種類を変えた
  • トイレが汚い
  • 大きな音がする

 

などなどと猫にはちょっとした変化などでも十分にストレスになっている可能性があるのです。

 

猫のゴロゴロ音は人間にとっても副交感神経を優位にしてくれて癒し効果があると言われています。

 

聞いているだけでもハッピーな気分にさせてくれるゴロゴロ音が聞いて、猫も飼い主さんもハッピーでいるためにストレス要因や早めに取り除きましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ