猫がゴキブリを食べた!病気は大丈夫?ネズミ・カエル・ヘビは危険?

猫が食べてしまうと、大丈夫なのか!?っていう生き物がいますよね。

 

ゴキブリ、ネズミ、カエル、ヘビを食べてしまっても病気になったりすることは無いのでしょうか?

今回の記事では猫が捕獲する生き物を食べたときは大丈夫なのか紹介します。

スポンサードリンク

猫が獲物として食べるもの

猫は自分より小さな生き物を捕まえて食べてしまう習性があります。

本来狩りをして暮らす猫の本能なので、これをやめさせることは無理です。

 

しかし、ゴキブリやネズミ、カエル、ヘビなど「病原菌の持ち主」と思えるような虫や動物を食べているのを見ると「大丈夫?」と心配になるかもしれません。

スポンサードリンク

猫がゴキブリを食べた

まずゴキブリですが、猫がゴキブリを食べて病気にかかることはありません。

異常に生命力が強いように思えるゴキブリですが、食べたゴキブリに卵があっても胃酸で死滅するため、体内で孵化して繁殖するということはありえません。

 

ゴキブリを食べることによる危険性で一番高いのは、ゴキブリがホウ酸団子などゴキブリ駆除のための餌を食べていた場合です。

これも1匹食べたくらいで体に異常を来すことはあまりありません。

 

猫がゴキブリを食べているのを見たなら、念のため1~2日様子を見て下痢や嘔吐などの中毒症状を見せた場合には病院へ連れていきましょう。

猫がネズミを食べた

一方、寄生虫をもっている可能性のある動物には注意が必要です。

例えばネズミは猫の獲物の代表格ですが、ネズミが「トキソプラズマ」という寄生虫を持っているネズミを食べると猫も感染します。

 

トキソプラズマは健康な猫なら感染しても何も症状が出ることは無く、問題ありません。

しかし、免疫力が低下した猫がかかった場合は嘔吐や下痢、黄疸、発熱、咳、呼吸困難、運動失調などの症状が出ることがあります。

 

そして、トキソプラズマは妊娠中の女性が感染すると流産や障害児の危険性があるため特に注意しなければなりません。

ネズミだけでなく生の豚肉や鶏肉にも存在するため、猫に与える時にはよく焼いてからにし、生肉を触ったならしっかり手を洗いましょう。

猫がカエル、ヘビを食べた

またカエルやヘビを食べると「マンソン裂頭条虫」という寄生虫に感染する恐れもあります。

 

きしめんのような白くて平べったい形をしたこの寄生虫は猫の便と共にちぎれた状態で排出されます。

感染した猫の肛門からぶら下がっていることもあります。

 

マンソン裂頭条虫に感染した場合、下痢や血便、粘液便、嘔吐などの症状を見せます。

 

ちなみに我が家の猫さんも、この寄生虫がいました。

野良猫だったのですが、1か月後にヒモのようなものを下痢と一緒に出したり、ヒモのようなものを吐き出したことがあります。

猫がノミを食べた

また猫が食べてしまったのかどうか分かりにくいのですが、ノミにも「ウリザネ条虫」がいることがあるので猫が食べると感染します。

 

毛づくろいしている時にノミを一緒に飲み込むことがあるので、ノミ駆除を徹底しておくと良いでしょう。

まとめ

猫が獲物をしとめて食べるというのは、やめさせることが出来ません。

どうしてもいやなら、室内飼いにしてゴキブリやネズミが出ないように徹底的に駆除しておきましょう。

 

ネズミ、カエル、ヘビを食べたからといっても100%寄生虫に感染するというわけではありません。

 

また、食べたからといって、すぐに応急処置しないとダメ!というものでもありません。

下痢や嘔吐など症状が出ているようなら、病院へ連れて行ってあげましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ