猫が下痢をしているときの対処法は?

猫が下痢をしている時は、その原因によって対処法が異なるので注意が必要です。

 

下痢したときにはどうやって対処していけばいいのかまとめてみました。

スポンサードリンク

食事が原因のときの下痢の対処法

下痢の原因として一番多いのが、食べ過ぎや食あたりです。猫が良く食べるからもっと食べさせたいといって、体が小さいのにキャットフードの量を増やしたり、別の種類のものに変えたり、人間の食べ物をあげると猫の胃腸に負担がかかって下痢をします。

 

体重に応じて、エサの量はきちんと守ることは大事です。更に、キャットフードの種類を変える時は猫の体質に合わない素材もあるので、一気に全部変えてしまわずに、いつものご飯に少しずつ混ぜて様子をみながら増やします。

 

人間の食べ物は猫の胃腸には負担が大きいので、猫が口にしないように気を付けましょう。また、エサの1回の量を減らして、回数を増やすことで胃腸への負担が減ります。子猫のときや歳をとったとき、胃腸が弱い猫であれば試してみてください。

 

食事が原因での下痢が続く時の対処法としては、半日から1日程度絶食、絶水にして胃腸を休めます。

 

それで下痢が治まれば元の食事に戻してもいいですが、水は普通に戻して、フードの量はまずは半分くらいから始めてみましょう。

 

もちろん元気がなかったり、ぐったりするなど異常があれば脱水の恐れもあるので、獣医さんに診てもらいましょう。必要に応じて、点滴で水分補給してもらえます。

スポンサードリンク

感染症の下痢の対処法

ウイルスや寄生虫などに感染すると、胃腸の機能が低下して下痢を引き起こします。これが分かればすぐに病院に行くべきなのですが、判断は難しいです。病院に行く判断としてはいくつかあります。

 

下痢以外にも発熱や嘔吐、元気がなくぐったりしている、便に寄生虫が見られる場合などはすぐに獣医さんの診察を受けましょう。

 

そして、下痢が1、2回で止まらずに1日何度も、そして数日間続くようであれば消化器系の病気や高齢の猫だと、甲状腺に異常があるかもしれません。

 

一度、獣医さんに診てもらうことをおすすめします。ビオフェルミンを与えるという方法もあります。

WS000141

誤飲したときの下痢の対処法

また、ボタンやビニール、ビーズなどの異物を誤飲したり、農薬や殺虫剤などの薬品やネギ類、チョコレートなど猫の体に害となるものを口にすると中毒を起こし、激しく下痢します。

 

苦しそうに嘔吐したり、中毒の場合は体に痙攣がみられることがあります。猫の命の関わる危険な状態だと言えるので、早く獣医さんの所へ連れていきましょう。

 

下痢の対処法としては下痢が治まるまでは水やエサをやめ、下痢が治り始めたらキャットフードを市販の療養食に変えて、少しずつ胃腸の回復を促すことが大事です。

 

病院で薬を処方されたらきちんと服用させて、体も弱っているので無理をさせずにできるだけ室内で安静に過ごさせましょう。

 

退屈そうにしているからといって、おもちゃなどで猫と遊ぶと体力を消耗してしまいます。構ってあげたい時は、飼い主さんの膝の上に抱いてそっと背中や首をなでてあげるなど、猫がリラックスできる環境を作りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ