猫が下痢をするときはビオフェルミン!?量と回数はどれくらい?

猫が下痢をするときにはビオフェルミンを与えてもいいって聞いたことありませんか?ヒト用のものでも大丈夫なんでしょうか。

 

与えるときには量と回数はどれくらいにすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

猫にビオフェルミンを与えても大丈夫?

お腹を壊した時にビオフェルミンを飲んで、下痢が治ったという人も多いものです。猫が下痢をした時に飲ませると、お腹の調子がよくなると聞いたことありませんか?

 

でもビオフェルミンは、人間に効く整腸剤として販売されている薬なので、猫に飲ませてよいか飼い主さんがまず気になるところです。

 

ビオフェルミンには、大腸に住みつくビフィズス菌、小腸に住みつくアシドフィルス菌とフェーカリス菌の3種類の乳酸菌が含まれています。

 

3つの乳酸菌は胃の中でも胃酸の影響を受けずにそのまま腸へ定着し、有害物質を作る悪玉菌の増殖を防いで、お通じをスムーズにし、下痢や便秘を改善する作用があります。

 

また他にもトウモロコシ由来のでデンプンなどが添加物として含まれていますが、体に害はないので心配いりません。

WS000135

乳酸菌は、猫の腸内にも存在しており、猫の体を健康に保つために欠かせないものの一つなので、下痢の時にビオフェルミンを猫に飲ませても問題ありません。

 

実際に、食あたりなどが原因の下痢だと診断された場合、動物病院でもビオフェルミンを与えるようにという指示をすることもあり、安心して猫に飲ませられます。もちろんヒト用であっても問題ないのです。

 

ヒト用のビオフェルミンに含まれている乳酸菌と猫が本来持っている乳酸菌は種類が違うので意味がないという意見もあります。

 

ヒト用の乳酸菌を猫に飲ませても、腸内に定着することは難しいです。しかし、死んだ乳酸菌が腸内に移動していくだけでも胃腸の調子を整えるという効果があることは有名です。

 

つまり、猫が下痢をしているときや便秘をしているときに、おなかの調子を整えるために、ビオフェルミンを飲ませることは効果的なんです。ただ、乳酸菌を与えても即効性があるわけではないので、すぐに下痢が止まるってわけではないので要注意です。

スポンサードリンク

猫にビオフェルミンを与えるときの量と回数は

猫にビオフィルミンを飲ませる時は、「新ビオフェルミンSの細粒タイプ」だとスプーンで量を調節しやすいのでおすすめです。

 

飲ませる量としては付属のスプーンに小さい猫であれば、半分位ビオフェルミンをすくい、大きい猫であれば1杯くらいの量を、いつも食べているキャットフードにかけてあげて下さい。

 

粒上のビオフェルミンSであれば、量を調節するのは難しいですが、1錠を与えて大丈夫です。小さい猫なら半分の量になります。飲ませにくい場合は、砕いてからフードにかけて与えましょう。

 

成猫であれば、成人の1/3~1/4くらいを目安に与えてみましょう。小さい猫であれば、その半分くらいが目安です。

 

回数ですが始めは、朝晩の1日2回程度にして便の様子をみると、次第に便が固まってきます。ビオフェルミンを2、3日程あげてみて、便が固くなってきたら一旦あげるのをやめて下痢が治ったかを確認しましょう。

WS000138

ビオフェルミンはキャットフードが変わったり、ストレスなどによって胃腸の調子が悪くなった場合には効きます。

 

しかし、例えば異物を飲み込んでしまったり、ウイルスや寄生虫などに感染して病気を発症している場合の下痢には効果がありません。

 

そのため、ぐったりしていて元気がないとか、呼吸が苦しそう、嘔吐や発熱など下痢以外の症状がみられる場合は安易にビオフェルミンを与えて放置しないで、獣医さんの診察を受けさせましょう。

 

またビオフェルミンを1日2回の回数で、2、3日あげても全く下痢が改善しないこともあります。その場合は、腸内環境が悪いせいでの下痢とは考えにくいので、早めに動物病院へ連れていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ