猫と電車に乗るときって料金がいる!?猫にはストレス?

お出かけだったり、動物病院に行くためなどで、猫と一緒に電車でおでかけしようと考えた時、気になってしまうのがどんな風に猫を電車に乗せたら良いのかということです。

 

お家によっては、自家用車がないために電車で猫とおでかけしなければならない場合もあります。では、猫と一緒に電車に乗る場合、どのように乗るようにしたら良いのでしょうか。また、猫に料金はかかるのでしょうか。

スポンサードリンク

猫と電車に乗るときには料金は?

猫と電車でおでかけする場合、猫はそのままで乗ることはできません。猫と一緒に電車でおでかけする場合には、猫専用のキャリーバッグに入れてあげる必要があります。

 

そして、手回り品として、その分の料金を払う必要があります。手回り品の料金は、電車を運営している会社によって異なる場合がありますが、JRでは280円です。

 

駅によって280円の支払い方は様々ですが、乗るときに駅員さんに手回り品を確認してもらう必要があります。キャリーバッグに入れているからといって、勝手に猫を電車に乗せるのはダメなんです。

スポンサードリンク

そこで気になるのが、猫1匹に対して、280円の料金が必要であるのかどうかということです。

 

手回り品1つに対して280円の料金が必要となるので1つのキャリーバッグに猫を2匹入れることができれば、280円の料金でOKです。

 

ただし、猫のサイズによっては、1つのキャリーバッグではぎゅうぎゅうになってしまうこともあるので、猫が苦しくないように配慮してあげるようにしましょう。

WS000144

猫を電車に乗せるのはストレス?

猫を電車に乗せることがストレスになるかと言えば、確実にストレスになります。猫は縄張りを持っており、自分が知らない場所に移動したり、知らない物がある場所に移動するのは強いストレスになってしまます。

 

猫は普段から乗り物に乗っているわけではないので、そのストレスを感じて乗り物酔いをしてしまう猫も多くいます。

 

また、景色が色々と変わってしまうと、不安な気持ちになってしまうことから、普段鳴かないような子でもストレスで鳴いてしまいます。そのため、キャリーバッグはできるだけ外の景色が見えないものを選ぶようにしましょう。

 

飼い主さんの顔を見ることで安心することができるような子もいます。窓つきのキャリーバッグも販売されているので、猫の性格に合わせた対策をとってあげるようにしましょう。

WS000117

いくら狭いところが好きだという猫でも、キャリーバッグで運ばれて、電車に乗るというのは、ストレスを感じてしまうものです。短距離の電車での移動でも、すぐに具合が悪くなってしまう猫も多くいます。

 

そういったことから、猫と電車でおでかけをする場合には、猫の体調に細心の注意を払って行うようにしましょう。飼い主は電車での移動に慣れていたとしても、猫にとっては日常ではありません。

 

ちょっと移動するだけだからと、安易な対応はしないようにしましょう。また、長距離の移動の場合には、人間が移動するペースで日程を組むのではなく、猫の体調に合わせた日程を組むようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ