猫の脱走防止はどうする?どんな対策がある?

猫はスキさえあれば、脱走しようと挑んできたりします。一度脱走してしまえば、捕まえるのは簡単ではありません。

 

そんなことにならないためにも、猫の脱走防止に対策をしておくようにしましょう。

スポンサードリンク

猫の種類や性格などで異なりますが、とにかく好奇心旺盛なので、猫の脱走防止対策はしっかりと行う必要があります。

 

ベランダや窓の網戸からの脱走防止対策は、ベランダ用のフェンスで塞いでしまうのが最適ですが、洗濯物を干す時などにベランダに出てしまうことも考えられます。

 

そのようなことにならないために、ベランダのドアを開ける場合にはケージにいれるか、他の部屋に隔離しておく必要があります。

スポンサードリンク

網戸の脱走防止

窓の場合には、100円均一ショップで購入できるワイヤーネットを上下左右隙間なく窓枠にはめ込むと、網戸を破いて脱走することはできません。

 

このような対策をしていると暑い季節でも窓を開けることができます。

ws000330

100均にあるワイヤーネット。これを窓枠にはめ込む

 

玄関の脱走防止

玄関からの脱走を防止するには、脱走防止パーティションを設置するのがベストです。そうすればドアを開ける時に注意を払う必要がなくなります。

 

特に何も知らない来客者があっても脱走防止が可能になります。

ws000331

 

猫の脱走用パーティションはこういうのです↑↑通販でもいろいろな種類が販売されてます⇒猫 脱走防止パーティション

 

脱走防止をする注意点

 

こうした猫の脱走防止対策をする際に注意することは、上下左右どこにも隙間を作らないことで、頭さえ通ってしまえば無理やりでも脱走は可能と認識しておくことです。

 

また、できるだけ飛び越えられない高さにすることも大切で、子猫でも低いフェンスなどなら登って脱走してしまいます。

 

しっかりと固定をすることも大事なことで、思った以上に力はありますし、グラグラしていると体をねじ込んで開けてしまうので注意が必要です。

 

そして何よりも大事なことは、脱走防止対策をしているからと言って油断しないことです。

 

犬と違って猫は好奇心にあふれていて、しかも思ったことを何の迷いもなく行動に移してしまう動物でもあるのです。

 

基本的には窓や玄関を開ける時には、猫を隔離した状態で行うようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ