猫が抱っこを嫌がる理由は?もしかしたら病気?

猫をかわいがって大切に育てているのに、抱っこしようとすると猫に嫌がられてしまうというのは意外とよくある話の様です。

 

中には、お母さんには抱っこされるのに、お父さんには抱っこされるのを嫌がるなんていう猫もいるようです。では、猫が抱っこを嫌がるのにはどんな理由があるのでしょうか?

 

また、抱っこされるのを急に嫌がるようになるときは病気の可能性もあるので注意が必要です。

スポンサードリンク

猫が抱っこを嫌がる理由!

猫が抱っこを嫌がる理由にはいくつかあります。猫好きなのに抱っこ出来ないのは悲しいかもしれませんが、どんな理由で嫌がるのか確認してみましょう!

 

べたべたすることに慣れていない

猫にもいろいろな性格があって、飼い主さんにべったりでスキンシップ大好きな猫と、飼い主さんのことは好きでもあまりベタベタしたくない猫とがいます。

 

この場合はもともとのその猫の性格なので抱っこできるようにすることは難しいです。

 

とくに猫が小さい頃に抱っこすることに慣れさせていないと抱っこさせてくれない猫になることが多いです。(産まれて3か月くらいに猫の社会期というものがあり、抱っこされるのが当たり前ということを覚えてもらうのです)

 

嫌がる猫を無理に抱っこするよりも、猫が近くに寄ってきた時に居心地がいいように静かに近くにいてあげたり、そっと見守ったりしてあげることも大切です。

 

猫を抱っこ好きにする方法は?

スポンサードリンク

抱っこに嫌な思い出がある

抱っこの仕方が間違っていると、猫も居心地が悪く、あまり抱っこを好まなくなってしまいます。

 

抱っこしたら猫のお尻に片手を添えてきちんと安定させてあげましょう、落っこちそうな抱き方をされてしまっては猫も抱っこ嫌いになってしまうので、まずは正しい抱き方を覚えることが大切です。

 

猫が抱っこを嫌がる理由には、以前抱っこをされた時に怖い思いや痛い思いをしたという記憶が残っている場合もあります。

 

猫を抱っこしたいからと無理やり手や足をつかんで引きずるように自分の方に連れてきて抱っこをしたり、お腹をギュッとつかんだりしてしまうと、猫はその時のことを思い出して抱っこを嫌がるようになってしまいます。

 

他の家族には抱っこされるのに特定の人にだけ抱っこをされたがらないという場合は、猫に辛い思いをさせてしまったことがあるのかもしれません。

 

もちろん誰かに抱っこされて嫌な思いをして、誰にも抱っこされたくないと嫌いになることもあります。小さな子供が猫を触るときに、痛い思いをすることもあるので注意しましょう。

WS000016

ニオイが嫌い

また、猫が人間に嫌なにおいを感じて抱っこされたがらないことも考えられます。

 

猫はタバコのにおいやきつい香水、柑橘系のにおいなどが苦手です。もしも飼い主がこのような臭いをさせていたら、抱っこどころか近づくことも嫌だと思っているかもしれません。

 

猫は人間よりもニオイに敏感なので、きついニオイがするものに気をつけてみましょう。

WS000137

痛みがある病気

猫が抱っこを嫌がるもうひとつの理由に、病気があります。

 

今までは普通に抱っこできていたのに、突然嫌がるようになった場合や、抱っこしようとすると鳴くようになった場合は病気を疑ってみましょう。

 

お腹を触ると痛がる場合は尿道結石や黄色脂肪症という脂肪のかたまりができていることが考えられます。

 

また、しっぽの骨が折れていたり脱臼していたりしても猫は痛みを感じて触られるのを嫌います。

 

他にも切り傷や擦り傷、思わぬ病気が隠れていることもあるので、もしも頻繁に抱っこされたり触られたりすることを嫌がる場合は、早めに獣医さんに診察してもらうようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ