猫のダイエット方法!食事、おやつはどうする?フードを変える?

猫をダイエットさせる方法についてまとめてみました。

 

おやつやフードはどうすればいいのか。カロリー数はどうすればいいのか。フードの与え方は?

スポンサードリンク

飼っている猫が肥満気味である場合、摂取カロリーがオーバーしていたり、運動不足だったりと、いくつかの原因が考えられます。

 

ぽっちゃりとした姿はとてもかわいいものです。ただ、肥満は猫の健康に悪影響を与えることも多いため、できれば適正体重になるように肥満の原因となっていることを取り除くことが大切なダイエット方法だと言えます。

スポンサードリンク

猫のダイエット!おやつは?

猫がかわいいからと、食事を何回もあげたり、おやつをひんぱんに与えてしまう飼い主さんがします。確かに猫はフードやおやつをもらえれば喜んで食べてしまいます。

 

また、おやつの味を覚えるとフードを食べなくなってしまうケースもあります。おやつばかりを食べ続けると栄養が偏ってしまう事もあり、これが肥満の原因にもなります。

 

当然のことながら、おやつには脂肪分や糖分が多いことがあるので自然と太りやすくなり必要な栄養分が不足してしまうものです。

 

おやつばかりを与えてしまうと肥満はもちろんのこと、病気を招いてしまうことにもなりかねません。猫が太ってしまったらダイエット方法のひとつとしてまずは毎日の食生活を見直すようにしましょう。

 

基本的には猫のダイエットのためには、おやつはきっぱりとやめましょう。

WS000092

猫のダイエット!食事はどうする?

猫のダイエット方法として、単純に現在与えているフードの量を減らすということがあります。(おやつはもちろん与えません)

 

フードの量を減らすことで摂取カロリーも減らすことができるからです。フードの量を減らすといっても、適当に減らしすぎると問題が起こります。

 

摂取カロリーが減ってしまうと、猫の身体は脂肪を燃焼させることでエネルギーを確保しようとします。

 

脂肪を分解してエネルギーを作り出すのですが、この脂肪を燃焼させる過程で、肝臓に過剰な脂肪が蓄積していくことが分かっています。

 

つまり、フードの量を減らし過ぎることで、脂肪肝を引き起こしてしまうのです。そのため、しっかりと減らす量は計算してから摂取カロリーは減らしてあげましょう!

WS000142

それではどれくらいのカロリー数まで減らしてあげればいいのでしょうか。それは安静時エネルギーというものを目安にします。

 

この安静時エネルギーとは、『健康な猫が適度な気温で休んでいて、絶食はしていない状態で使用するエネルギー量』という定義がされています。これを計算するのは面倒な計算式があるので、早見表にしてみました。

 

体重   カロリー数

10kg   393kcal

9kg     363kcal

8kg     333kcal

7kg     301kcal

6kg     268kcal

5kg        234kcal

4kg     198kcal

 

これが安静時エネルギーで、目標体重のカロリー数を1日に摂取するようにしてあげるのです。現在の体重が10kgの猫が8kgにダイエットするなら333kcalの量まで減らすようにします。

 

まず、上記の目標体重のカロリー数を維持してあげて、1ヶ月経っても体重に変化が見られないなら、そこからカロリー数を1割減らします。333kcal与えていたなら30kcalくらいさらに減らすのです。

 

(1週間に体重の1%くらいまでの体重減少を目安に!)

 

いきなり10kgの猫を5kgのカロリー数にまで減らすのはやめましょう。とにかくダイエットは気長にしていきます。

 

ここでは単純にどれくらいのカロリー数を減らせばいいのかを確認しましたが、現在与えているフードの量を減らすだけというのはちょっと待ってください。タンパク質が足りなくなることがあるのです。

 

ダイエットをさせるのであれば、栄養価の高いフードに変更してあげるのがおすすめです。

 

猫のダイエット!フードは変える?

ダイエットさせるためにはどうしても、現在与えているフードの量が減ってしまうので、タンパク質やミネラル分が不足してしまう可能性があります。

 

良質のフードをあげたいと思ったら、素材にこだわった栄養価の高いナチュラルなキャットフードを選んであげましょう⇒⇒プレミアムキャットフード『シンプリー』

 

また、フードにはダイエット専用の物もあります。低カロリーの物や腸内バランスを整えるタイプの物があります。また、あえて一粒一粒を大きくしておいて、よく噛まないと食べられないようなフードもあります。

 

ただし、このタイプのフードは丸呑みしてしまうと危険なので、歯がきちんとある猫に向いています。

 

ゆっくりと時間をかけて食べることで満腹感が得られます。このようなダイエット用のフードに変えてみるのもひとつの方法です。

 

もちろんどんなキャットフードに変更する場合にも、上記の目標体重に対するカロリー数を決めてから、フードの量は決めるようになります。

 

もし、現在与えているフードの量を減らすだけのダイエットをするなら、減らしていく体重の量を抑えるようにしましょう。10kgの猫なら9kgをまず目標にするなどです。

WS000145

猫のダイエット方法!フードの与え方を変える

猫のダイエットを始めると、猫はどうしてもお腹が空きやすくなったり、物足りなくなってしまいます。

 

これを少しでも軽減してあげるためには、フードの与え方を変えてみましょう。1日2回フードを与えているのであれば、3回~4回まで増やしてあげるのです。(与える回数を増やして、1回の量は減らします)

 

なるべく空腹になる時間を減らすことで、今までお腹いっぱい食べれていたのに食べれなくなったというストレスを軽減してあげれるのです。

 

さらに食べにくいエサ入れを使うのも一つの手です。食事時間が長いほど、満腹中枢は刺激されるので満足感が違うのです。

 

こういった器を使って、早食いを防止します⇒⇒【スローボウル】早食い防止

WS000136

 

 

その上、動かないことが原因でお腹がすいていないのに、猫があまり食事を食べないことを心配した飼い主さんが「おやつなら食べるから」とおやつばかりを与えてしまえば、肥満体型になってしまうのは当然のこととも考えられます。

 

猫はかわいいので、ついついおいしい物をあげたくなってしまいます。

 

でも、猫の身体のことを考えた食事を与えること、一緒に遊ぶ時間を増やして適度な運動をさせることが、本当に猫をかわいがること、猫のためになることだと忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ