猫が甘えん坊過ぎて困る!もしかして分離不安症?

猫が甘えん坊なのはかわいいですが、気をつけなければダメなのが分離不安症です。

 

分離不安症の猫はストレスを大きく受けることになるので要注意なんです。

スポンサードリンク

甘えん坊の猫

猫と言えばツンツンしていて飼い主に対してもちょっと素っ気ない……と言う印象がありますが、中には犬のように飼い主にべったりとくっつき、常にすりすりと身体を寄せてくる子も居ます。

 

飼い主に甘える仕草はとても可愛いですが、飼い主に甘えん坊過ぎる猫は分離不安になる可能性があります。

 

特に、飼い主が外出しなければならない時に不安げにニャーニャー鳴いたり、飼い主が外出しないようせがむ猫は、分離不安の症状が出てないかを観察しましょう。

スポンサードリンク

猫の分離不安とは

分離不安は、本来は猫より犬に多く見られる病気になります。

 

甘えん坊過ぎる犬は、飼い主への依存心が強くなり、飼い主が側に居ない状況に耐えられず遠吠えをしたり、粗相をします。中には家具や柱を囓り、ボロボロにしてしまう子も居り、そのような子が抱える問題を分離不安症と呼ぶのです。

 

そしてこれは、犬だけの問題ではありません。甘えん坊過ぎる猫も、分離不安になる可能性があります。

 

最近では、避妊・虚勢手術や改良により、甘えん坊な猫も増えてきました。勿論全ての猫が分離不安になるわけではありませんが、極端に甘えん坊な猫を飼っている方は気を付けなければならない問題です。

WS000139

分離不安の症状

分離不安とは、その名称からも分かる通り、飼い主と離れる事への不安感がストレスとなって、様々な異常行動を起こす事です。

 

分かりやすい症状としては、飼い主不在時に大きな声で鳴く、トイレ以外の場所で粗相をする、自分の身体を必要以上に舐め続けたり傷付けたりする、スプレー行為をする、などがあげられます。

 

中には食欲の減退や嘔吐、特発性出血性膀胱炎の発症なども起きるので、気を付けなければなりません。とにかく飼い主が出かけてしまい、猫だけの状況にされることが大きなストレスになっている状況です。

WS000135

分離不安の原因と解決

分離不安になる猫の多くは、依存心が強く、甘えん坊な性格をしています。また他に猫が飼われていない場合が多いです。

 

子猫の頃から人間に飼われ、常に構われていた猫は、甘えん坊な性格になり飼い主が居ない環境に不安を覚えてしまうのです。

 

逆に、ある程度成長してから飼い始めた猫や、元々野良だった猫は、一匹で過ごす事に慣れているので、甘えん坊にはならない代わりに分離不安にもなる事は少ないです。

 

分離不安を解決するためにも、まずは猫が安心して過ごす事が出来るテリトリーを作りましょう。分離不安は飼い主と離れ、不安に陥った結果の症状なので、飼い主が居なくても安心出来るテリトリーがあれば、一匹でも静かに過ごせます。

 

また、留守中に猫が問題行動を起こしたとしても決して怒らないようにしましょう。猫は怒られたとしても何に対して怒られているかは分からず、ストレスを余計に溜めてしまうだけです。

WS000144

1.ケージに慣れさせる

ケージの中が猫のテリトリーと覚えさせてあげることで、そこで安心して過ごせるようになります。

 

出かけるときにケージの中に閉じ込めていくということではありません。ケージから出入りできなくするのは1日のうち数時間くらいまでにしておき、それ以外は自由に出入りできるようにしておきます。

 

ケージの中には寝床、トイレ、エサ入れと生活がすべてできる環境にしておきます。留守中でも自分でケージに入って、くつろげる場所として慣れさせていきます。

 

2.いっぱい遊んであげる

分離不安の猫はストレスを貯めがちです。遊んであげることでストレス発散を思い切りさせてあげましょう。

 

猫は10分程度、全力で遊んであげるだけでも結構満足してくれます。目安は猫が遊び疲れて水を飲みに行くまでです。

 

しっかり遊んであげて、かまってもらえる安心感と遊ぶことによるストレス発散には必要です。1日に10分程度を2回はしてあげましょう。

 

3.外出方法を工夫する

猫は飼い主が出かけようとしている姿をしっかりと見て分かっています。出かけるときに外出と分からないくらいフラっと出ていくということで分離不安を和らげることができると言われています。

 

テレビをつけたまま出かけたりするのも一つの手です。出かけるときの行動を毎回変えて、そっと外出しましょう。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ