猫の膀胱炎の原因とは?なぜ再発を繰り返す?

猫の膀胱炎は多い病気ですが、原因ってなんなのでしょうか。

 

そして再発が多いとされていますが、なぜ繰り返してしまうのでしょうか。

スポンサードリンク

猫の膀胱炎の原因は

猫の病気の中で膀胱炎はよく見られるものです。膀胱炎の原因で一番多いのは細菌による感染で、尿道から細菌が侵入してしまい、膀胱で繁殖してしまうと膀胱炎になります。

 

猫トイレが原因

細菌が侵入してしまう大きな原因が猫のトイレです。猫がトイレを使う時に尿道から細菌が入り、それが膀胱に到達して繁殖することで膀胱炎が引き起こされるのです。

 

とくに膀胱炎は尿道が短いメスの猫の方がなりやすいです。尿道が短いため、細菌が膀胱まで侵入しやすいからです。これを防ぐには汚れたままで猫のトイレは放置しないようにする必要があります。

スポンサードリンク

水の量が原因

もうひとつ細菌が侵入してしまう原因は尿が少ないことです。

 

猫はもともと水を飲む量が少ない動物で、尿の量も少ないです。水を飲む量が少ない動物なのですが、とくに水を飲む量が少ない猫もいるのです。

 

こんな猫は尿の量や回数がかなり少なくなってしまいます。尿には尿道や膀胱に侵入してきた細菌を洗い流す効果をもっています。

 

尿の量や回数が多いほど、細菌が侵入しにくくなるのです。そのため、水を飲む量が少ないことは膀胱炎になりやすい原因なんです。

 

水を飲んでもらうために、水が流れる容器を使ってみたり、水飲み場の数を増やしてみたりしましょう。どうやっても水を飲む量が少ない場合にはウェットフードを利用するのも一つの手です。

WS000066

尿結石が原因

尿結石が出来ることで、膀胱が石で刺激されてしまい、膀胱炎になることがあります。尿結石が出来てしまう理由として最も多いのが水を飲む量が少ないことです。

 

水を飲ませることは尿結石から見ても、細菌から見ても膀胱炎の予防につながるということです。

 

その他に尿結石が出来てしまうのは食事が原因の場合もあります。

 

ストレスが原因

膀胱炎の中には特発性膀胱炎と呼ばれるものがあります。この特発性膀胱炎とは原因が確定できないものという位置づけです。

 

膀胱炎になった原因を病院で調べても、細菌は検出されない、尿結石も検出されない場合の病名になります。

 

そして特発性膀胱炎の原因は様々なものが絡みあった結果起こり、再発しやすいという特徴があります。

 

・肥満の猫に多い

・血統書付きの猫に多い

・ドライフードを与えている猫に多い

・水を飲む量が少ない猫に多い

・ストレスを感じやすい猫に多い

 

特発性膀胱炎を発症する猫にはこういった統計があるようです。中でもストレスを感じやすい猫に多いのです。とてもデリケートな性格の猫はストレスを感じやすいので注意が必要です。

 

特発性膀胱炎が発症して、治ったとしても1年以内に再発する確率は50%もあるため、ストレスのコントロールをしなければダメなんです。

WS000068

猫のストレスになるものとして

・旅行をする

・エサを与える場所を変える

・エサを変えた

・トイレの位置を変える

・引っ越しをする

・キャットタワーを新しくする

・新しい動物を飼いだした

・ヒトの赤ちゃんが生まれた

・大きい音がした(工事の音、雷の音など)

 

こういった、新しいことや知らないことが起こることが猫にとってはストレスとなります。

 

発性膀胱炎の予防には水を飲む量を増やす、ストレスを解消できるようにする、落ち着ける場所をつくることが大事です。

 

膀胱炎の予防法としては水を多く飲ませるのは大事なので、部屋のあちこちに水を置いて、できるだけ水を多く飲ませるようにしたり、ドライフードからウェットフードに変更します。

 

また猫用のトイレは常に清潔にしておき、猫が好きな砂や容器を使ってあげましょう。それに加えて猫1匹➕1の数が適正なトイレの数です。2匹飼っているなら3つのトイレが必要です。

 

おもちゃを使ってしっかり遊んであげることもストレス解消になります。また、猫が嫌がることしないことはストレスを与えないためにも大事です。

 

膀胱炎は細菌のように原因がはっきりわかる場合と、ストレスのようにはっきりわからない場合があります。

 

原因がはっきりしなければ、その分辛い症状を長引かせたり、再発を繰り返させることに繋がりますので、出来るだけ猫が居心地の良い環境を整えてあげることが何より重要です。

WS000062

猫の膀胱炎はなぜ再発を繰り返す?

猫が膀胱炎になって病院で治療しても、再発することは多いものなんです。再発を繰り返すことにはいくつか理由があります。

 

薬をきちんと飲ませていない

病院で飲み薬をもらって、飲ませると比較的すぐに膀胱炎の症状が収まることがあります。症状が出ない=治ったと勘違いして薬をやめてしまう飼い主さんは多いです。

 

膀胱炎の症状が治まったとしても、細菌が膀胱の中に残ったままの状態で薬をやめると、すぐに再発してしまうのです。

 

症状が治まったとしても出された薬の分は継続して、治ったかどうかを診察してもらう必要があります。

WS000064

環境が同じまま

膀胱になってしまう原因には上で紹介したとおりですが、それらが改善していないと膀胱炎が再発してしまうのは当たり前です。

 

猫トイレが汚くて膀胱炎になってしまったのに、治ったとしても、同じトイレならまた、細菌に感染する可能性が高いのです。

 

また、水を飲む量が少なくて膀胱炎になってしまったのに、水を飲む量が以前と変わらないなら、再発しやすいでしょう。

 

膀胱炎になったことがあれば、しっかりと原因になりうることは改善して再発防止をしておきましょう。薬で治したから終わり、何も変えずに再発してしまった!!という飼い主さんは多いです。

 

特発性膀胱炎

猫のストレスからくる特発性膀胱炎は再発がかなり多いです。なかなかストレスになっているものを特定することが難しいためです。

 

ストレスになっているかもしれないことは、改めて見直して、少しずつ改善するしかありません。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ