猫が便秘をしているときの食事は?ウェットフード、ヨーグルトや牛乳が良い?

猫も人間と同じように便秘で苦しむことがあるので、どうやって解消してあげたらよいか飼い主さんは悩むところです。

 

猫が便秘をしているときの食事はいつも通りでいいのでしょうか。ウェットフードやヨーグルト、牛乳が良いというのは本当なんでしょうか。

スポンサードリンク

水の量を考えてみる

水をあまり飲まない猫では便の水分が少なくなるので、便秘になりやすいという場合があります。こんな場合には水を飲める環境にしてあげましょう。

 

水飲み場の数を1つ増やすだけでも違ったりします。水飲み場はあるけどお風呂で水を飲みたがるという猫は多いのと一緒です。家の中に何か所かあるだけでも水を飲む量は違ってくるのです。

 

また、流れる水飲み場にしたら、飲む量が増えたということも多いです。猫は流れている水が好きなんです。(モーター音がするので怖がって近寄らない猫もいます)↓↓

 

流れる水飲みはこちら→→ピュアクリスタル

 

また、水分量の多いウェットフードでも効果的です。便秘を繰り返すのであれば、ウェットフードに切り替えるというのは一つの手です。(腐りやすいのと歯垢がつきやすいので要注意)

スポンサードリンク

食物繊維を足してみる

猫の便秘では、まずいつも食べているキャットフードに、食物繊維の多い便秘用のものを少し加え、食事を変えてみましょう。

 

簡単に出来るものと言えば、食物繊維豊富で胃腸にも優しいさつまいもがおすすめです。ふかして柔らかくし、潰して冷ましてから食事に混ぜて食べさせましょう。(水をかけてレンジでチンでもいいですよ)

 

さつまいもは甘くて美味しいので猫も抵抗なく食べられるし、お通じがスムーズになるので便秘には効果的です。いつもいつも食べさせているとカロリーが気になるので量は調整してあげましょう。

 

もうひとつ簡単なのはバナナです。バナナにも食物繊維が豊富に含まれており、整腸作用があります。ただし、カリウムが多く含まれていて尿結石の原因になると言われています。また、カロリーは高いので便秘したときだけに、少量与えるようにしましょう。

 

フードを変えてみる

便秘がちな猫にとって、その原因はフードの可能性は高いです。(水問題の次に大事)

 

与えているキャットフードに猫の胃腸が合わないこともあるのです。猫によって個体差があるのですが、市販の安いキャットフードではダメということは少なくありません。

 

胃腸のことを考えられているキャットフードがおすすめです。いつも与えるフードを変更するのも考えたほうがいいでしょう。

 

おすすめのキャットフードは食物繊維を含んでいるこちらです↓↓

『カナガンキャットフード』

プレミアムキャットフード『シンプリー』

 

両方とも市販の安いキャットフードよりも高いですが、材料からヒトでは使えないようなものは使っていない、ナチュラルなキャットフードです。

 

乳酸菌を与えてみる

乳酸菌は胃腸を整えてくれる効果を持っているのは有名です。乳酸菌は確かに猫の腸内環境も整え、便秘解消に効果的です。

 

ヨーグルトは人間の便秘にも良いし、猫にも効きそうです。ただ人間用の市販のヨーグルトは、ミネラルを多く含みます。猫は、ミネラル分を摂取しすぎると、泌尿器系の病気になりやすいので注意が必要です。

 

市販のヨーグルトを少量であってもあげ続けるのは、病気発症のリスクが伴います。便秘の時のみ、食事と一緒に小スプーン1杯を数回あげる位なら、健康上問題ありません。

 

しかし、頻繁に便秘をするようであれば、病気が心配なので猫用の乳酸菌サプリメントなどで代用することをおすすめします。

WS000068

猫の便秘に牛乳が良い?

猫の便秘には牛乳が効くのでは?とよく言われます。実際に、牛乳をあげている飼い主さんもいるでしょう。

 

昔は、猫には牛乳に含まれる乳糖を分解するラクターゼという加水分解酵素が不足しているので、牛乳を飲ませると下痢をしてしまうからあげてはいけないと言われていました。

 

しかし、最近では飲み始めは下痢の状態が続くけど、飲ませるうちにラクターゼが増えるので下痢をしなくなり、便通がよくなるということが分かっています。

 

また全ての猫が下痢をするわけではなく、体質によっては全く問題なく便秘だけが解消されるケースもあります。

 

できれば猫用のミルクが好ましいですが、獣医さんによると市販の牛乳でも、常温に戻したものなら問題ないとのことです。

WS000139

ただ始めはスプーンに1、2杯あげて様子を見ながら、徐々に量を増やしていくようにしましょう。ただ、牛乳はカロリーが高いので飲ませ過ぎには注意して下さい。

 

そして牛乳はナトリウムが多いのです。高齢になってからだと腎臓に負担をかけることもあるので与えすぎはやめておきましょう。

 

牛乳が合わなければ飲ませるのをやめて、猫用のミルクをあげてみると下痢にならずに便秘が解される場合もあるので試してみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ