猫のアソコってトゲがある?交尾中は痛い?噛むのはなぜ?

オス猫のアソコの根元にトゲが生えているというのを知っていますか?交尾中に痛くないのでしょうか?

 

また、交尾中にオス猫がメス猫に噛み付くのはなぜなのか知っていますか?

スポンサードリンク

オス猫のアソコはトゲがある

実はオス猫のおチンチンの根元には100本以上のトゲが生えています。

 

交尾が終了しておチンチンをオス猫が抜く時に、メス猫の皮膚をそのトゲが突き刺してしまうために痛いのです。

 

その為、交尾が終了した時に一瞬ですが大きな鳴き声を出すことがあるのです。

スポンサードリンク

オス猫のアソコにはなぜトゲがある?

では、なぜメス猫に痛い思いをさせてしまうトゲがオス猫のおチンチンの根元に生えているのかというと、それにはちゃんとした理由が存在しているのです。

 

メス猫は人間と違って、周期ごとに排卵するわけではありません。発情期に陰部に刺激があったときだけ、排卵するのです。

 

この刺激のために、トゲがあります。トゲを刺したことによる刺激でメス猫の排卵を誘発させているのです。

 

その機能が猫に備わっていることから、交尾をした猫は約90%という高い確率で妊娠することができます。猫という種を存続するために、妊娠する確率を高めるためのものなんです。

 

決してメス猫に対して痛い思いをさせてやるといった嫌がらせではないのです。

オス猫が交尾中に噛むのはなぜ?

猫の交尾の際に、ネックグリップ行動と呼ばれるオス猫がメス猫の首筋を噛む行動を目にしたことはありませんか?

 

これにもちゃんとした理由があります。

 

猫を含むネコ科の動物全般に共通していることですが、交尾の時にオスがメスにのしかかって首の後ろを噛むのは、交尾中にメスが逃げてしまわないように、大人しくさせることが目的です。

 

その為、猫も同様に交尾の時には、オス猫がメス猫の首の後ろを噛むと言った行為をします。

 

これは、大人しくさせることと交尾に対する欲求が込められている行動と考えられます。

交尾以外でも他の猫の首を噛んだり、ふとん・毛布などを噛むオス猫がいますが、これは本能による擬似的な交尾という可能性が考えられます。

 

人間の感覚でまだ子猫と考えてしまいがちですが、猫は生後4ヶ月程度で性成熟が始まることもあるのです。

 

その為、先の擬似的な交尾といった行動を見せることも考えられるので、そうした性行動がみられるようになったら、去勢手術を検討する必要もあります。

 

ただ、猫の年齢的に去勢手術がまだ受けることができないといったこともあるので、動物病院の医師に相談や確認をすると良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ