猫アレルギーの症状は?目がかゆい?皮膚炎?

猫アレルギーってどんな症状が出るのか知っていますか?鼻水などが出ていたら風邪じゃなくて、猫アレルギーかもしれません。

 

猫アレルギーの症状について紹介していきます。

スポンサードリンク

目のかゆみ

猫アレルギーの代表的な症状としては目に関するもので、目のかゆみ・充血・腫れなどの症状を伴うアレルギー性結膜炎などが発症します。

 

実はアレルギー症状というのは目に多く現れるもので、それにはちゃんとした理由があります。

 

第一に免疫細胞が存在している結膜という部分が、外界に対して直に接していることから抗原がどうしても入りやすいからです。

 

そして、猫アレルギーの原因となるたんぱく質を、目を潤している涙が溶かしてしまうという性質があるからと考えられています。

 

さらに、結膜には血管もたくさんあり体の方から炎症を発生させてしまう細胞が入り込みやすいといった3つの点が挙げられます。

皮膚炎

そして2つ目の症状として、皮膚の関するものも挙げられます。目と共に発生する割合も高いのです。

 

主に発赤やかゆみといった湿疹や、赤く腫れたように皮膚が盛り上がる蕁麻疹などが発症します。

 

猫を触ってからすぐにかゆくなるものから、数時間後にかゆくなることもあります。

鼻炎

3つ目は鼻の症状で、鼻から猫アレルゲンとなる猫のフケなどが侵入することで、鼻の粘膜内にある抗体が反応して症状を起こしてしまうのです。

 

代表的なものとしては、鼻水・くしゃみ・鼻づまりなどの症状を伴うアレルギー性鼻炎があります。この場合の鼻水はサラサラで透明なものが出ます。

喉の炎症

4つ目は喉の症状で、熱はないのに喉がイガイガする・喉に痛みがある・咳が出ると言った症状が発生する場合は、猫アレルギーによる症状の可能性が高いです。

 

また、こうした喉の症状は長引く傾向があります。

喘息の症状

5つ目は喉の症状にも関わるものですが、呼吸をするとゼーゼー、ヒューヒューといった喘音がする、呼吸が苦しい、咳が長く続くといった喘息に似た症状もあります。

 

猫アレルゲンとなる猫のフケなど原因物質を吸い込むことで、気道に炎症が発生してしまい喘息のような症状が起こるのです。

猫アレルゲンに身体が過剰に反応することで起こるのが猫アレルギーです。

 

アレルギー症状で多いものは上に書いた通りなのですが、これ以外にも出てくることはあります。

  • 微熱
  • 喉がかゆい
  • 頭痛
  • 肌荒れ

 

風邪に似たような症状だったり、花粉症などの他のアレルギーと同じような症状が出ます。なかなか見分けがつかないので判断しづらいものです。

 

アレルギー症状が起こった場合には、何に対してアレルギー反応を起こしているのか、対処や治療のためにもアレルゲンを検査で調べて解明することも必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ