猫のアレルギーの症状は?治療法は?

人間と同じように猫にもアレルギーがあります。今回はそのアレルギーの症状を紹介します。

 

また、どのような治療法があるのでしょうか?

スポンサードリンク

猫のアレルギー症状は皮膚症状が多い

人間と同様に猫にもアレルギーが発症するのですが、人間の発症メカニズムが解明されていないのと同じく猫のアレルギーも発症メカニズムがよく分からない状況です。

 

ただ人間のアレルギーの症状は主に目・鼻・皮膚などに発生しますが、猫のアレルギーの症状は主に皮膚に発生するのです。

 

その為、猫の皮膚に関する病気全体の約30%を、アレルギーによる皮膚の病気が占めているのです。

 

(皮膚が一番わかりやすいので発見されているだけとも言われています。)

スポンサードリンク

ノミアレルギー

最も多く猫のアレルギー疾患として発症するのがノミアレルギー性皮膚炎で、ノミに噛まれた時に血を固まらせないようにする成分が体内に送り込まれアレルゲンとなって起こります。

 

ボツボツとしたものが背中から腰にかけての皮膚に発生すると共に、強いかゆみや脱毛と言った症状も伴います。

 

発症した場合の治療法としては、何といっても根本原因となるノミの駆除を実施することで、ノミ駆除薬などを月1回使用してノミを寄せ付けないことも予防として大切です。

 

症状によっては、内服または注射によるステロイド剤の投与をすることもあります。

食物アレルギー

摂取する食べ物に含まれているタンパク質が原因となって起こるアレルギー疾患が、食物アレルギー性皮膚炎です。

 

ホルモンバランスの変化が関係しているのか、生後6ヶ月以降の妊去勢手術をした猫に多く発症する傾向が見られます。

 

主にみられる症状としては、赤くて小さな発疹や水泡が頭部や顎周辺にできたり全身に発生したりします。

 

また、このような皮膚の症状と共に、嘔吐や下痢などの症状が起こることもあるので注意が必要です。

 

治療法としては、アレルゲンとなる食品を特定して、その食品が含まれるものを与えないと言った食事療法が行われます。

 

また、酷いかゆみがみられる時にはステロイド剤を併用することもあります。

接触性アレルギー

稀に発症するアレルギー疾患として、餌の容器や首輪など猫の体に触れる何らかのものがアレルゲンとなって起こる接触性アレルギーがあります。

 

治療法としてはまずはアレルゲンを特定することで、口周辺に症状が発生している時は容器を違う素材のものにして様子を確認します。

 

同様に首周辺のみに症状が出ている時は首輪を、お腹に症状が出ている時は寝床を違うものにして様子を観察します。

様々な猫のアレルギーに共通する症状はかゆみですが、猫はかゆいと症状を訴えることはできません。

 

ただ被毛のお手入れで自分の体を舐めたり掻いたりする普段の行動と、かゆみが起こっている時の掻き方は異なります。

 

その違いを早期に発見して症状が軽いうちに適切な治療法で改善してあげることです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ