猫の甘噛みが痛い!しつける方法って?

猫の甘噛みは地味ですが、けっこう痛いです。歯が食い込んでしまって血が出てしまうこともあります。

 

これをなんとかやめさせるためにどうやってしつけるのがよいのでしょうか。

スポンサードリンク

飼い猫の甘噛み

猫の攻撃と言えば鋭い爪でシャッと引っ掻くものと思われがちですが、実は猫も犬のように噛み付きます。攻撃手段として本気で噛み付く事もありますが、飼い猫が飼い主に噛み付く場合は、本気ではない甘噛みが多いでしょう。

 

しかし、甘噛みとは言え猫の尖った歯で噛まれるとなかなか痛いですし、力加減を知らない猫だと痛いだけでなく牙がブスリと刺さって傷を負う事もあります。

スポンサードリンク

なぜ甘噛みをするのか

甘噛みは遊びの延長です。特に子猫の時に多い仕草であり、普通は親兄弟との触れ合いの中で力加減や噛み方を覚えてきます。例えば一方が力一杯に噛み付くと、もう一方が更に強い力で噛み返したり、大きな鳴き声を上げて抗議すると言う具合です。

 

しかし飼い猫の場合は幼い頃に親兄弟と別れて人間と暮らす事になるので、甘噛みの加減を知らないまま成長してしまいます。

 

そのような関係から、本来は生後2、3ヶ月は母猫や兄弟猫と過ごす方が良いのですが、生後間もない捨て猫を拾ってしまう事も少なくありません。

 

もし甘噛みが癖になったまま大人になってしまうと、甘噛みでも十分痛い思いをする事になるので、しつける方法を考える必要があります。猫が甘噛みをする理由の詳細は⇒⇒猫の甘噛みの理由とは

WS000134

 甘噛みをしつける方法

猫の甘噛みをしつける方法ですが、最も効果があると言われているのは、噛まれた瞬間に「痛い!」などの声を強い口調で上げる事です。

 

これにより猫は飼い主が嫌がっている事を理解し、「痛い!」を繰り返すうちに加減を覚えてすぐに口を離すようになります。

 

噛まれたのが指である場合は、指を引くのではなく、敢えて奥まで突っ込んでみましょう。こうする事で、噛み付くとグエッとなると言う事を学習させるのです。

 

甘噛みをしつける方法で気を付けたいのは、噛まれた時に無理に手を引かない事です。手を引くと余計に深く噛まれ、手に深い傷を負う事があります。

 WS000119

 

また、遊ぶからといって手にじゃれさせて遊ばせていると、飼い主の手で遊んでいいと覚えてしまって、甘噛みをいつまでもやめなくなってしまうので、直接手で遊ばせるのはやめましょう。

 

もう一つ甘噛みや猫キックしてくるのをやめさせるしつけとしては、びっくりさせることです。猫が甘噛みや猫キックをしてきたらびっくりさせて、止めるようにすることで、甘噛み=びっくりすることが起こると覚えさせるのです。

 

びっくりさせる方法は、叩くのはダメです。大きな音をたてる、霧吹きをふきかけるなどでびっくりさせてみましょう。根気よく続けていくことで、だんだんとしなくなっていきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ