猫が甘噛みする意味・理由とは?甘噛みと猫キックしてくる気持ちは?

猫の甘噛みや猫キックって地味に痛いですよね。なぜ猫は飼い主に向かって甘噛みや猫キックをしてくるのでしょうか。

 

その行動に意味や理由はあるのでしょうか。どんな気持ちで猫キックしてくるのでしょう。

スポンサードリンク

甘噛みや猫キックをする理由

猫が飼い主にじゃれつく姿は微笑ましいものです。しかし猫の中には力加減が分かっていない子も多く、甘噛みや猫キックがなかなか痛いと言う事も。

 

猫は一体どのような理由や意味があって甘噛みや猫キックをするのでしょうか。

 

猫が甘噛みや猫キックをする理由や意味の多くは、飼い主に構って欲しいと言う気持ちにあります。飼い主に遊んで欲しくて、飼い主の手をガッチリとホールドしてカジカジと甘噛みをしつつ、猫キックをするのです。

WS000137

他にも子猫の場合は、眠くなると身体が火照ってむずがり、その結果噛み付きます。もし子猫がしつこく噛むようならば、それは眠たい証拠です。寝かせてあげるのが良いでしょう。

 

オモチャを使って遊んでいる時に噛み付かれた場合は、興奮し過ぎてついついガブリとやってしまったと言う事が多いです。生まれた時から人間に飼われている猫は本格的な狩りをしないまま育つ事が多いですが、狩猟本能は備えているので、遊んでいるうちに興奮して飼い主の手に噛み付いてしまう事があります。

 

多くの場合、猫はじゃれているだけなので噛み付かれても怪我をする程ではありませんが、問題は爪です。猫の中には爪切りを嫌がる子も多いですが、だからと言って爪切りを怠ると鋭い爪でじゃれつかれる事になります。

 

猫にとっては愛情表現の一つでも、人間が流血沙汰になる事は少なくありませんので気を付けましょう。

スポンサードリンク

不機嫌な時にもする

猫はとっても気分屋な生き物です。そのため、それまでは気持ち良さそうに撫でられていたのに、少し嫌なところを触られたり、気分が乗らなくなると飼い主の手に噛み付く、猫キックを繰り出す事があります。

 

猫を可愛がる時に特に気を付けたいのが、お腹に触る事です。猫の中には弱点であるお腹を触られる事を嫌がる子も多く、そこに触られると猫キックを始めます。

 

全ての猫がそうと言うわけではありませんし、信頼している飼い主にならどこを触られても構わないと言う猫も少なからず居ますが、猫を触る時にはその子がどこを触られるのが嫌なのかを考えてあげましょう。

WS000068

多頭飼いをしている時にも見られる

複数の猫を飼っている場合、猫同士の喧嘩で猫キックを行う事があります。しかしこの場合の猫キックの意味は、あくまでじゃれ合いです。

 

喧嘩と言っても真剣なものではなく、じゃれ合いや喧嘩ごっこをしているに過ぎません。そのため、飼い主はそこまで焦ってじゃれ合いを止める必要はありません。

 

猫キックや甘噛みを猫同士でしていて、強くやりすぎてしまったときには本気の喧嘩になります。(痛いくらいやられたら痛いくらいやり返します)これによって、どれくらいの強さでやると怒られてしまうのかというのを学習するのです。

 

猫が本気で喧嘩をすると引っ掻いたり噛み付いたりの流血沙汰になるので、その時は止めましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ