猫のヒトへの噛み癖はいつまで?大人もする?しつける治し方は噛み返す?

猫の甘噛みって子猫の間ならかわいいですが、いつまで続くのでしょうか。

 

大人になってからも噛み癖は残ってしまうのでしょうか。治し方で噛み返すというのは有名ですが、効果はあるのでしょうか。

スポンサードリンク

猫の噛み癖はいつまで続くの?

猫は親子間や兄弟間で甘噛みをし合う事で、愛情や感情を表現します。

 

またそのじゃれ合いの中で力加減を学び、噛み方やじゃれ方を覚えていきますが、幼い頃に親猫と別れて人間に育てられている猫はこのようなじゃれ合いが無いまま成長してしまいます。

 

そのため本気で噛むと痛いと言う事を学習しないで大人になってしまう事がままあります。個体差はありますが、噛み癖があるまま、育っていけばいつまでも噛み癖が残ったままということは多いのです。

 

子猫の噛み癖は力も弱いためついつい放っておきがち。むしろ可愛いと思い、甘やかしてしまいます。しかしこれではいつまでも噛み癖が抜けず、大人になった時の本気噛みに悲鳴を上げる事になるでしょう。

 

飼い主の中には噛み癖など子猫のうちだけだと楽観視する人も少なくありませんし、実際大人になるにつれ噛み癖がなくなっていくと言う猫も存在しますが、一方でいつまでも噛み癖が抜けないと言う猫も多いです。

スポンサードリンク

噛み返すのは効果的?

噛み癖の治し方ですが、子猫でも成猫でも、基本的には根気良くしつけをするのが一番です。

 

噛み癖の治し方として知られているのが、猫が噛み付いてきたら噛み返してやると言うものです。母猫が子猫に力加減を教えるように、耳などの部位を噛み返します。

 

また噛み付いてきたら、その状態で拳を作りグイグイと押し返す、鼻を指でピンと弾く、なども効果があると言われています。

 

これ等の方法は、実践する事で確かに一定の効果は得られますが、言ってみれば体罰です。猫は警戒心が強い子も多く、一度体罰を受けると飼い主に対する信頼が失われ、距離をとるようになるケースも少なくありません。

 

例え効果があろうとも、飼い猫との間にあった信頼関係が失われては本末転倒でしょう。

WS000017

叱り方を考える

噛み癖で多いのが、遊んでいる時に突然ガブリと噛み付いてくると言うケースです。猫は自分で獲物を狩る生き物なので、飼い主と遊んでいるうちに気分が高まり、飼い主の手が獲物に見えてきてしまうのです。

 

そう言う時は、一度遊ぶのを中断しましょう。猫は「もっと遊んで」とせがんでくるかも知れませんが、暫くの間そのおねだりを無視します。

 

すると遊ぶのが好きな猫は、噛み付くと遊んでもらえなくなると学び、次第に噛む事をしなくなります。

 

この治し方なら猫との信頼関係を壊さないでしつけが出来ますが、噛み返しとは違い非常に時間がかかります。

 

これ以外の甘噛み、噛み付きをしつける方法は⇒⇒猫の甘噛みをしつける方法

 

噛み癖の矯正は一朝一夕で出来るものではないと心に留めておかなければなりません。大事なのは猫の個性に応じて、根気良くしつける事なのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ