猫と人間の赤ちゃんは同居できる?アレルギーは?嫉妬する?

猫を飼っているお家に赤ちゃんが生まれる時には、少なからず不安に感じることもあります。アレルギーや猫が嫉妬したりしないのかなど気になることは多いですよね。

 

猫と赤ちゃんが仲良く生活していけるのか、いたずらされたりしないのか…。ここではできるだけ正しい知識を知って、赤ちゃんと猫が楽しく同居できるような生活の仕方をお話していきたいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんは猫を飼っていたら猫アレルギーになりやすい?

まず、生まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が弱く、様々な外部からの刺激に弱い状態です。

 

いちばん最初に思い浮かぶのがアレルギーの心配ではないでしょうか?実際、猫アレルギーというものもあります。

 

ただ、近年の研究では猫を飼っていることで猫アレルギーになりやすくなるということは無いとされており、逆に猫を飼っていることで猫アレルギーになりにくいという研究結果が出ています。

 

だから、赤ちゃんが産まれたから猫は飼えない!と言って飼っていた猫とお別れするということまで、いきなり考える必要はありません。

 

しかし、猫アレルギーになってしまう赤ちゃんもいるので絶対に大丈夫というわけではないので注意は必要です。

 

個人差があるので、すぐにアレルギーになる子と、特にアレルギーを発症しない子と様々です。とは言え、できるだけ猫アレルギーになる原因を減らしていくことは必要です。

スポンサードリンク

猫アレルギーの原因とは?

毛でアレルギー症状が出ると思っている人は多いのですが、実は違うんです。猫アレルギーの原因物質はフケと唾液です。

 

猫は普段から毛づくろいするので身体に唾液がついている状態なので、防ぐことは難しいです。フケに関してはお風呂に入れることで減らすことができることが分かっています。

 

また、抜け毛にはフケがついているので、猫の毛が部屋に舞わないようにこまめに掃除をする必要はあります。カーペットの部屋にはコロコロを置いておき、常に抜け毛を除去します。

 

また、フローリングの部屋は毛やホコリが舞いやすいので特に注意が必要です。

 

赤ちゃんはベビーベッドに寝かせるようにして、地面からの距離を取りましょう。ベビーベッドに寝ていれば、猫がいたずらをする危険性も減ります。

 

お風呂に入れないまでも、濡らしてしぼったタオルで猫の身体を普段から拭くようにしておくと、抜け毛やフケをある程度防ぐことができます。

WS000146

トキソプラズマが怖い?

猫の排せつ物に潜む原虫にトキソプラズマというものがあります。妊娠中にトキソプラズマに感染するとお腹の中の赤ちゃんにも影響が出ることがあります。

 

妊娠する前にトキソプラズマに感染していた場合は、まったく問題は無く、妊娠してから感染すると問題が出ることがあるので、猫を飼っていることを妊婦さんは産婦人科で伝えるようにしましょう。

 

猫のトイレ掃除の時などは、妊娠中から気を付ける必要があります。猫のトイレ掃除は妊婦さん以外に任せてしまいましょう。どうしてもしないとダメならマスクをして、手袋をしてからします。

 

また、猫が外に出れるようになっている場合は新たにトキソプラズマに感染するリスクを考えて、家猫にしてしまうのもいいでしょう。

 

猫の身体を濡れたタオルで拭くことで、トキソプラズマの予防にもつながるのでやっておきましょう。

WS000139

猫は赤ちゃんに嫉妬する?

先に住んでいた猫にとって突然現れた赤ちゃんの存在は、大きな環境の変化です。

 

飼い主さんが赤ちゃんをかわいがりこまめに世話をする姿を見て嫉妬するかどうかは、まだ分かっていませんが、新しい存在が家の中にやってくる環境の変化によって猫がストレスを感じるということは十分に考えられる話です。

 

赤ちゃんが産まれることで、かまってもらえなくなった、環境が変化したことによるストレスで自分の毛を抜いてしまうというストレス行動が出ることもあります。

 

とは言え、これからは赤ちゃんを優先させなければなりませんから、まずは自由自在に猫が歩き回っていた家の中の縄張りを変えていく準備が必要です。

 

赤ちゃんが生まれる前から、ベビーベッドの周辺やその部屋を赤ちゃんのスペースと決め、猫が入らないように慣れさせておきます。

 

とくに赤ちゃんが寝返りが出来ない状態で、猫が上に乗って寝てしまって窒息したという事故が海外で起こっているので、赤ちゃんが自分で跳ね除ける力が無いうちは寝る時は別にしておいたほうがいいです。

 

(我が家では寝返りが出来るようになって、力がそれなりに強くなったころに一緒に寝るようになったのですが、赤ちゃんがあったかいので、お腹の上で暖を取っていました(笑)。赤ちゃんは起きて泣きます・・・。

IMG_1831

IMG_2059

我が家の猫さんは赤ちゃん大好きです

 

誰かが見ている間は、猫に赤ちゃんを慣れさせることも必要なので、少しずつ会わせてあげましょう。最初のうちは赤ちゃんを怖がって近づきもしないことがほとんどです。

 

赤ちゃんがベッドにいるうちはまだいいのですが、ハイハイやつかまり立ちをするようになると、目が離せません。

 

赤ちゃんが猫にちょっかいを出して、引っ掻かれてしまう、噛まれてしまうということはあります。我が家でも、触られるのを嫌そうな顔をして我慢してますが、限界を超えると、逃げるか甘噛みしています。

 

こればっかりは猫の性格があるので、どれくらい怒って、爪を出すかどうか、噛み付くのが強いか弱いかは違ってきます。怒りやすい猫の場合には目を離さないようにすべきでしょう。

IMG_3605

暑い時期でも赤ちゃんが寝たら、寄り添ってきて寝てます

 

また、猫のトイレやフードは赤ちゃんの手の届かない所に置きましょう。なんでも口に入れるのが赤ちゃんです。

 

基本的には赤ちゃんと猫が一緒の部屋にいる時には目を離さないようにしておくことが必要です。早めに準備をし、ルールを作って、赤ちゃんと猫のいる楽しい生活を送りましょう。

 

猫と赤ちゃんは同居できます!ただし、赤ちゃんに猫アレルギーが出てしまったときには対策が必要になってきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ