一人暮らしでも猫は飼える!?飼い方は?費用はどれくらい?

猫を飼いたいけど、一人暮らしでも飼えるか不安と思っている人は多いようです。

 

一人暮らしでの飼い方はどうすればよいのでしょうか。費用はどれくらい必要になってくるのでしょうか。

スポンサードリンク

一人暮らしでも猫は飼える?

猫も犬と同じく一人暮らしでも問題なく飼える動物ですし、猫と犬のどちらかというと一人暮らしの人には猫が向いています。

 

猫が一人暮らしのペットとして適していると考えられる理由は、マイペースで一人を気にしない猫なので日中に飼い主がいなくても何ら苦にならないからです。

 

また、猫は狭い室内であってもストレスを感じないので、一人暮らしの多少狭い部屋であっても飼いやすいのです。

 

それから自分で快適な場所を見つけてくつろぐので、部屋の温度などに関してそれ程気を使う必要がないため、一人暮らしでも猫は飼えるのです。

 

(真夏の閉め切った部屋や、外と同じくらい冷え込む場合にはエアコンなどが必要です。)

スポンサードリンク

一人暮らしのときの猫の飼い方は?

ただ、一人暮らしで猫を飼うのなら、留守をしている時の飼い方を知っておくことも必要なことです。

 

飼い方で注意する点としては暑さ対策と寒さ対策があり、猫は快適な場所を見つけて過ごすのですが、夏場の暑い時には水だけはたっぷりと用意しておく必要があります。

 

真夏の閉め切った部屋の中はアパートなんかだと、蒸し風呂みたいになってしまうなら、クーラーをつけっ放しにする必要があります。

冬場の寒い時には、ふとんに潜り込めるように寝室の出入りを可能な状態にしてあげるのも良いですし、猫専用のミニふとんやひざ掛けを置いておくのも良いです。

 

猫は想像以上にジャンプ力があって高い場所に昇りますし、狭い場所でも平気でもぐりこむものです。

 

留守中に危険なことが発生しないように、尖った物や首が挟まるような危ないものは置かないようにしましょう。留守中はケージに入れておくということも1つの手です。↓↓

猫をケージで飼うときの注意点とは?

 

また、一人暮らしの猫の飼い方で心がけたいことは、基本的にマイペースな猫は一人が好きな動物ですが、ほったらかしにはしないで帰宅したらコミュニケーションをとることも大事です。

 

例えば、ただいまと声を掛けてあげたり、抱き上げて撫でてあげたりするだけでも猫は満足してくれるものです。

それから、1週間以上長期に家を留守にする場合には、ペットホテルなどに預ける必要があります。

 

ただ、猫は神経質な面もあり、環境が異なることで大きな負担がかかってしまうことも少なくないので、長期で家を留守にすることが頻繁にある方は、飼い方を含めて十分に検討しなくてはいけません。

 

猫を飼う費用は?

一人暮らしで猫を飼うことは家族が一人増えることになるので、費用についても考える必要があります。

 

一般的に1匹の猫に必要となる費用は、月平均で約5000円~8000円程度で、どのような食事を与えるのか、トイレをどうするのかで費用は変わります。

 

例えば、ペットフードを贅沢なものにすれば費用は高くなりますし、トイレをペットシーツにするか猫砂を使用するかで大きく異なるのです。

 

それから、いつ病院にかかるか分からないので、病院代として少しずつ費用を積み立てておくのもひとつの方法です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ