猫が脱走したときの探し方!捕獲方法は?

猫が思いがけず脱走してしまうことがあります。脱走してしまったら、探し方はどうすればいいのでしょうか。

 

また、捕獲する方法はどうすればいいのでしょうか?

スポンサードリンク

猫が脱走したときの探し方

飼っている猫が脱走した時の探し方ですが、まず目の前で脱走した場合には、急に追いかけるのではなくて、どの方向に行ったかを確認することからはじめます。

 

そして猫が逃げ込んだ付近や見失った近くを重点的に探します。

 

その時には餌を自宅前に置いておき、それとは別の餌やおやつを持って名前を呼びながら探します。

 

もし近くにいれば名前を呼ばれたことで出てくることがありますし、餌やおやつの匂いに誘われて出てくる可能性があります。

WS000116

知らないうちに脱走した場合の探し方としては、室内飼いをしている猫なら脱走してもそれ程遠くへは行けないので、自宅周辺の物陰や狭いところを集中的に探すと良いです。

 

一般的に外に出た経験がない猫は、恐怖心や不安から暗くて狭いところに逃げ込んでしまうことが多いのです。室内猫が脱走したときの、行動範囲は100~200メートルくらいと言われています。

 

ただ野良猫に追い回されて遠くまで逃げてしまう場合もあるので、自宅周辺で見つからない場合には少し範囲を拡大することも必要です。

スポンサードリンク

日常的に外へ出ている猫の場合は、テリトリーを知っているのならそこを中心に探すことです。(野良猫の場合でも行動範囲は500メートルくらい)

 

もしテリトリーを把握していない場合は、広い範囲を探すことになってしまうのでとても難しくなります。

 

考えたくないことですが、数日間姿を見せない時には、事故に遭遇している可能性もあるので、役所や清掃局に問い合わせてみることも必要です。

 

脱走した猫の捕獲方法

脱走した猫を発見した時の捕獲方法ですが、まず基本的には急に捕まえようとしたり、大きな声を出したりして猫を驚かさないようにすることです。

 

外に出たことで恐怖心や不安を感じているので、そのような行動をすると余計にびっくりしてしまい上手に捕獲できなくなってしまいます。

 

捕獲方法としては、少しずつ近くに寄って飼い主の指のニオイを嗅がせて落ち着かせることです。

 

その際、恐怖心などで気が立ってしまっている可能性もあり、攻撃的になってしまうことも考えられるので飼い主も行動に注意することが必要です。

WS000105

また、このように攻撃的な時に捕獲する場合は、餌とキャリーバッグを使用して、餌に気を取らせてキャリーをかぶし、ゆっくりと時間をかけて安心させてあげると良いです。

 

このような事態も考えて、猫を探す時には飼い猫が好きな餌やおやつ、キャリーバッグを持って行くと良いでしょう。

 

その他には、安全に保護するためのバスタオル、狭い場所や暗いところに入ってしまっている場合に探しやすい懐中電灯や、人に尋ねるときに猫の写真があると便利です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ