猫をペット可賃貸物件で飼うときの注意点と対策は?

猫を飼うことができるペット可の賃貸物件は増えてきています。

でも、飼えるということだけで決めてしまうのはやめておきましょう。

 

今回の記事では、ペット可の賃貸物件で猫を飼うときの注意点と対策を紹介しているので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

猫を賃貸物件で飼うときの注意点

ペット可の賃貸物件なら猫を飼うことも許されますが、だからと言って好きなようにしてよいわけではありません。

賃貸物件で猫を飼う場合の注意点は、大きく分けて

①家屋の損傷を防ぐ

②隣人に迷惑をかけない

③安全で快適な環境をととのえる

この3点が大事です。

スポンサードリンク

①家屋の損傷を防ぐ

まず家屋の損傷の防止について。

新築物件はなるべく避けよう

猫を連れての引っ越しであれば、新築物件は避けた方が無難です。

新築だと傷などが目立ちやすく、退去したときに修繕費が高くなる可能性があります。

 

ペット可の場合は敷金が返ってこないことがほとんどです。

あまりに損傷が大きいと敷金にプラスして高額の修繕費を請求されてしまうこともあります。

引っ越す前のチェック

床や壁の素材や状態もチェックしましょう。

 

畳がある場合は爪とぎでボロボロにする可能性が高いです。

(しない猫もいますが、爪とぎは本能なのでしつけは難しいです)

 

また壁も、新品過ぎて傷が目立つのも避けたいところです。

しかし、逆に古すぎる壁は壁紙が剥がれやすいだけでなく、剥がれた壁紙を猫が誤飲してしまう危険性もあります。

爪とぎ対策は必須

猫を飼う飼い主が最も頭を悩ませるのが、爪とぎ。

爪とぎは本能なので、止めさせることは無理です。

 

まずは、爪とぎシートや爪とぎ器を用意して、爪とぎをしても良い場所を確保するようにしましょう。

逆に爪とぎして欲しくない場所には、障害物を置いたり、爪とぎ防止カバーなどを使うようにします。

 

壁に貼れるタイプは⇒⇒ペット壁保護シート

壁のコーナーをカバーするタイプもあります⇒⇒壁まもる君 コーナー用

ラグ、カーペットを敷こう

猫は走るときには爪をたてるので、床を傷つけてしまいます。

これを防ぐためには、ラグやカーペットを敷くようにしましょう。

(古い物件で、フローリングにすでに傷がついているのであれば、気にする必要はないと思います。)

 

また、畳の部屋がある場合には、古い部屋だとしても敷いておいたほうが良いでしょう。

 

ラグやカーペットを選ぶときには、

  • 猫の抜け毛を取りやすい
  • 抜け毛が目立たない色
  • 丸まる選択できる
  • 毛足が短いもの

こういったこと気にして選ぶようにしましょう。

②隣人に迷惑をかけない

次に隣人への迷惑防止についてですが、猫で問題になるのは「臭い」と「鳴き声」、「走り回る音」なので、きちんと対策をしておきましょう。。

臭いの対策

猫自身には体臭がありませんが、排泄物はかなりキツイ臭いがするためトイレのしつけはきちんとします。

⇒⇒猫のトイレのしつけ方は?失敗してしまう理由は?

 

換気はしっかり行い、猫トイレは清潔に保つようにしましょう。

またトイレや排泄物をベランダに置かないように。

ベランダに置いていると臭いが漂ってクレームの原因になります。

鳴き声の対策

猫が鳴き声で迷惑をかけるのは、多くの場合は発情期です。

これはしつけでやめさせることができないため、賃貸物件に住む場合には去勢や避妊手術を受けさせておく方が良いでしょう。

 

猫が鳴くのは理由があります。きちんと対策していくようにしましょう。

猫の鳴き声が止まらない!?夜中に鳴く理由は?しつけるには?

走り回る音

2階以上に住んでいる場合には、下の階の部屋ではちょっとした音でも響くように聞こえます。

猫が走り回る音もドタドタと大きく聞こえるので、きちんと対策をしておきましょう。(壁が薄いと隣にもけっこう聞こえます)

 

走り回る音の対策は、ラグやカーペットを敷くというのが基本です。

また、深夜になってから遊ばせるのは控えるようにしましょう。

 

夜中に急に走り回る運動会も注意が必要です。

猫が夜中に運動会しちゃう理由は?何歳まで続く?対策は?

③安全で快適な環境

エサを食べる場所、トイレ、爪とぎの3点セットを清潔に、きちんとそろえておくというのは基本です。

それ以外の注意点は「脱走対策」と「ストレス解消」です。

脱走対策

猫は好奇心旺盛なので、外に出れる機会があれば飛び出すこともあります。

玄関から飛び出そうとする猫に対しては、邪魔にはなりますがトゲトゲマットがおすすめです。

こういうのです⇒⇒ねこバリア(トゲトゲ マット)

 

ベランダから出てしまうと、転落の危険もあります。

高層階は避け1~2階の部屋を選ぶと良いのですが、フェンスなどで脱走できない工夫が必要です。

 

他にも脱走対策はいくつかあるので参考に

猫の脱走防止はどうする?どんな対策がある?

ストレス解消

賃貸物件だと、狭くなってしまって走り回れない・・・ストレスをためてしまうのは避けたいところです。

 

まずは、窓の外を自由にみられるようにしましょう。

猫は窓の外を眺めることで、ストレスを解消できるといわれています。

窓の近くにキャットタワーを置くなど工夫してください。

 

もう1つの対策としては、猫が疲れ果てるまで遊んであげることです。

猫のおもちゃで遊ばせると狩猟本能を満たすことが出来るので、ストレス解消になります。

 

猫それぞれで好きなおもちゃが違うので、いろいろ試してみると良いでしょう。

また、しばらくすると飽きるので、そのおもちゃは片づけて、他のおもちゃを出してあげる、しばらくしたら前のおもちゃを出す。

といった感じで猫の好奇心を常に満たすようにしてあげます。

まとめ

ペット可の賃貸物件で猫を飼う注意点と対策は分かったでしょうか。

 

①家屋の損傷を防ぐ

②隣人に迷惑をかけない

③安全で快適な環境をととのえる

この3つは確実に押さえておくようにしないと、隣人からのクレーム、猫がストレスをためて調子を崩す、退去するときに高額請求されるということがあります。

 

それぞれの注意点をしっかり対策しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ