猫の涙やけの原因とは?ケア方法は?ホウ酸水が良い?

猫の涙やけがひどいと見た目も悪く、目の周りが汚く不衛生になってしまうため、なんとかしたいですよね。

 

猫の涙やけの原因をしってしっかりとケアしてあげるようにしておきましょう。

スポンサードリンク

猫の涙やけの原因とは

本来流れ落ちるべき涙が目に溜まり、その成分によって目の周りが炎症を起こしている状態を「涙やけ」と言いますが、猫の場合は、特にペルシャやヒマラヤンなど鼻ペチャの品種が罹りやすい病気です。

 

そもそも涙は目の汚れを落としたり、角膜などを潤すために常に瞼の上の「涙線」と呼ばれる部分で作られて流れ落ちています。

これが目に溜まらないのは目頭にある「涙点」と呼ばれる穴から取り込まれて「涙小管」を通り、鼻の先にある穴の「鼻涙点」から出ていくからです。

 

ところが大きく分けて2つの原因により、涙が排水されず目に溜まって涙やけを起こすことがあるのです。

スポンサードリンク

涙が多すぎる

その原因の1つは、「涙の過剰分泌」です。

つまり何らかの理由で、涙の排水システムが処理できる以上に涙が出ているために溢れてしまっているということです。

 

例えば、結膜炎など目の病気や、ハウスダストやダニ・カビなどのアレルギー、あるいは坂まつ毛など異物が常に目に入っているといったことでも涙が過剰分泌されます。

涙が流れ出ていかない

もう1つは、「涙の排水システムの異常」で、涙の分泌量は正常であっても排水システムの方に問題があり、詰まってしまってなかなか排水できないことが原因です。

 

涙小管が炎症を起こしていたり、脂質の多い食事を摂ることで詰まりやすくなっていたり、

あるいは鼻涙管が鼻炎や副鼻腔炎で圧迫されている、腫瘍ができている、

更にはヒマラヤンやペルシャのように顔の骨格のせいで鼻涙管を押しつぶしやすくなっている、といったことが要因になります。

猫の涙やけのケア方法は

涙やけを起こしやすい品種であれば特に、飼い主が小まめに目の周りをキレイにしてあげることが大切です。

 

ケア方法は簡単で、湿らせた脱脂綿や綿棒で目の周りの汚れや目やにをキレイに拭いてあげるだけです。

ただ、ティッシュペーパーは繊維が荒いので目を傷つけてしまう危険性があり、注意が必要です。

猫の涙やけにホウ酸水

目の中にゴミが入ってなかなか取れないようなら、ホウ酸水で取ってあげることもできます。

 

ホウ酸水は、ホウ酸3gを60℃くらいのお湯150mlで溶かして冷まして作ることができます。

これを点眼して異物を洗い流してあげましょう。

 

ただ、いつも小まめにケアしてあげているのにすぐに涙やけを起こしてしまう場合は、病院に連れて行った方が良いかもしれません。

異物のせいで目に傷がついてしまっていたり、結膜炎などの目の病気、副鼻腔炎などの鼻の炎症が原因で涙やけを起こしている可能性があるからです。

病院では涙やけの原因を突き止め、その根本原因を治療することで回復へと促します。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ