猫におやつは必要?頻度と量は?注意することはある?

猫っておやつ好きですよね。

喜ぶからあげたくなりますが、本当におやつって与える必要はあるのでしょうか。

 

今回の記事ではおやつの頻度と量、注意することについて紹介していきます。

スポンサードリンク

猫におやつは必要?

ペットショップなどでキャットフードと一緒に猫のおやつが売られているのをよく見かけますが、そもそも猫におやつは必要なのでしょうか?

 

結論から言うと、栄養面で言えば全く必要ありません。

俗に「カリカリ」と呼ばれるドライタイプのキャットフードは総合栄養食として作られていて、これさえ食べていれば必要な栄養素は全て補えるため、プラスアルファ何かを与える必要はありません。

 

むしろおやつを与えることで栄養過多となり、肥満は勿論糖尿病など他の病気にも罹りやすくなってしまう危険性があります。

従って、もし猫が主食のキャットフードに満足しており他の餌を欲しがらないのであれば、わざわざおやつをあげる必要は全くないのです。

おそらく間食しない子の方が長生きすることでしょう。

 

しかし、おやつの味を知って欲しがるようになった子であれば、あげるタイミングや量などルールを決めて上手にあげるようにすると、生活にメリハリがついて良い場合もあります。

スポンサードリンク

猫のおやつの頻度と量は

おやつをあげるタイミングとしてお勧めなのは、まずしつけをする時です。

いたずらをした時は叱ってケージに入れて反省させますが、普段していたいたずらをしなかった時にはご褒美におやつをあげると、猫も「してはいけないこと」を覚えるようになります。

仔猫であれば、トイレのしつけの時にもご褒美としておやつをあげると良いですね。

 

あるいは猫にとって嫌なこと(例えばシャンプーや爪切り、予防接種、薬を飲むなど)をした後にも、我慢したご褒美にあげると良いでしょう。

この場合はあくまで「我慢した後」にあげることが大切です。

そうすれば猫も「言うことを聞けば後でおやつがもらえる」と学ぶので嫌なことでも大人しく言うことを聞くようになります。

 

あるいはわがままではなく、他の何らかの原因で食欲がなくキャットフードを食べてくれない時に、食欲をそそる目的で少しだけおやつを食べさせるという使い方もあります。

 

いずれにしても、おやつはあくまで「特別」という扱いにし、量や回数も調整しましょう。

おやつはカロリーが高いので、普段の食事にプラスすると肥満の元になってしまいます。

猫のおやつを与えるときの注意

おやつをあげるときはその分主食のキャットフードの少なめにするなどして、1日の摂取カロリーが一定になるようにできればベストです。

おやつのパッケージに推奨量が記載されているならそれを守りましょう。

大体1口か2口分くらいあげれば十分です。

 

また、あげる回数は1日1回がマックスです。

ご褒美としてあげるならご褒美のタイミングがおやつの回数と言うことになりますし、食欲増進のためにあげるのなら1日1回、食事前にあげると良いでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ