猫は魚好き?魚の骨は大丈夫?与えてはダメな魚は?

猫には魚好きというイメージがありますが、本当はそうじゃないことがあるのは知っていますか?

 

猫に魚を与えるときに、骨は取り除いた方が良いのでしょうか。

また、与えてはダメな魚ってあるのでしょうか。

 

猫に魚を与えるときの、注意することについて紹介していきます。

スポンサードリンク

猫は魚好き

日本は海に囲まれており、昔から魚を与えられてきました。

そのため、「猫の餌=魚」というイメージが定着していますが、実際には猫は砂漠出身の動物です。

 

本来魚ではなく肉を食べて生きてきた生き物で、飼い猫も基本的に魚を主食にするのは適切ではありません。

 

魚好きだろうと与えてみても、見向きもしない猫もいれば、大好きな猫もいます。

あくまで個体差ですが、もし与える場合は注意することがあります。

スポンサードリンク

猫に与えてはダメな魚は

生魚はダメ

どの種類の魚にも共通して言えるのは、「生魚を与えないこと」。

生魚、特に川に住んでいる淡水魚はチアミナーゼという体内のビタミンB1を壊す酵素が存在します。

 

人間が食べても問題ない程度なのですが、猫が食べるとビタミンB1の欠乏症になり、運動障害や知覚過敏などの症状を起こすことがあります。

また生魚は寄生虫が潜んでいる危険性もあります。

 

チアミナーゼは加熱することで壊れるので、与える場合は加熱しましょう。

青魚はダメ

生魚でなくても猫に与えない方が良い魚介類は幾つかあります。

例えば、青魚は不飽和脂肪酸を多く含み、少量なら良いのですが摂りすぎると「黄色脂肪症」という病気を引き起こします。

 

黄色脂肪症は不飽和脂肪酸により体内の脂肪が黄色く酸化することから「イエローファット」とも呼ばれており、猫がイエローファットを発症すると皮膚の下に痛みを伴う脂肪のしこりができたり、歩けなくなることも。

 

ただし、絶対ダメではなく少量で毎日では無ければ大丈夫です。

イカタコ貝類はダメ

イカやタコ、貝類にもチアミナーゼが多く存在しており、加えて消化も悪く下痢や嘔吐を引き起こすことがあります。

 

また、貝類の内臓は皮膚炎の原因になることがあり、摂りすぎで皮膚の薄い耳に炎症が起こることから、「猫がアワビを食べると耳が落ちる」ということわざまであるほどです。

 

そして、するめは固い上にお腹の中で水分を吸って膨らむことで、消化器官をつまらせてしまいかねないため、与えないことは勿論、盗み食いされないように気を付けてください。

海苔やわかめはダメ

同じく猫が消化しにくいのが、海苔などの海産物の乾物系。

そのうえマグネシウムが多いため摂取過剰により尿路結石などの尿路疾患を引き起こす危険性があります。

魚の骨に注意

猫は犬のように顎が強くないので、魚の骨をかみ砕いて食べることができないため、丸飲みします。

そのため、魚の骨が刺さってしまうことも少なくありません。

 

とくにタイなどの骨の硬い魚は特に、猫がそのまま飲み込んでしまわないように注意する必要があります。

喉に刺さってしまうだけでなく、飲み込んでしまうと消化器官を傷つけることもあります。

 

刺さってしまった魚の骨は自力では取れないため、病院へ行くことになる可能性もあります。

 

小さいころから魚を食べている場合は、刺さらないように上手に食べることが出来る猫もいます。

でも、食べなれていない場合は下手なので、骨ごと与えないほうがよいでしょう。

まとめ

猫に魚を与えるときの注意点は分かったでしょうか。

  • 生魚
  • 青魚
  • イカタコ貝類
  • 海苔ワカメ
  • 魚の骨

これらは、あまり与えないほうがよいものだということを覚えておきましょう。

ただし、絶対に与えてはダメ!というわけでなく、毎日与えたり、大量に与えたりしないなら大丈夫です。

(貝類の内臓については、与えないほうがよいです)

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ