猫の神様を祀っている神社はいっぱいある!!

猫を神様として祀っている神社は、東北から九州まで日本各地に何十か所とあります。

 

ネズミ捕り、海難事故の守り神、幸福を招く招き猫…、様々な形で崇められてきた猫神様の神社を幾つかご紹介します。

スポンサードリンク

猫が神様として祀られている神社はかなり多いです。

少しずつ増やしたいきたいと思います。

宮城県

東北地方の猫神社として有名なのは、田代島

田代島の「猫神社」は、平成21年4月に国土交通省により「島の宝100景」に選定されています。

 

いたる所で沢山の猫たちがくつろいでいる姿を目にすることができます。

かつて漁師が猫の動作から天候や漁模様を予測していたことから、猫は海難事故を防ぎ大漁を呼ぶ、縁起の良い生き物と見なされるようになりました。

 

神社には「美與利大明神」として猫神様が祀られています。

 

グーグルマップに飛びます↓↓

住所:田代島

スポンサードリンク

山形県

山形県にあるのは、犬と猫を対で祀っている「犬の宮・猫の宮」

「猫の宮」は「犬の宮」に対座しており、養蚕業(ようさんぎょう)が盛んだった時代にさかのぼります。

 

大敵であったネズミを捕ってくれる生き物として、養蚕の神と崇められたことに由来しています。

ペットの健康祈願や供養の為に、写真や首輪をお供えする飼い主が多いところが特徴的です。

 

グーグルマップに飛びます↓↓

住所:犬の宮・猫の宮

新潟県

新潟県にあるのが、「南部神社」です。

こちらも養蚕業が盛んだったため、養蚕の神様として祀られています。

 

グーグルマップに飛びます↓↓

住所:南部神社 猫又権現

東京都

関東、それも東京圏内にも数多くの猫神社がありますが、特に招き猫の発祥の地として有名なのが、「今戸神社」です。

 

社殿の巨大な夫婦招き猫を代表として、様々な招き猫が境内に並んでいます。

特に夫婦猫は良縁を招く縁結びの神社として有名です。

 

グーグルマップに飛びます↓↓

住所:今戸神社

東京都②

同じく東京都にある「阿豆佐味神社」は、別名「猫返し神社」としても有名。

もともとは養蚕の神様として祀られていました。

 

ジャズピアニストの山下洋輔さんの愛猫が17日間行方不明になった際、この神社で祈願した翌日に帰って来たということから「猫返し神社」。

つまり祈願すると行方不明の猫が帰ってくるというご利益のある神社として有名になったのです。

 

飼い猫の無事を祈る絵馬が沢山奉納され、境内では「ただいま猫」の石像が参拝者たちを出迎えます。

グーグルマップに飛びます↓↓

住所:阿豆佐味神社

東京都③

美喜井稲荷」という東京都にある神社も猫神様が祀られています。

 

猫のおかげで命拾いした人がいました。この猫は火事で亡くなってしまったのですが、祀ったのが始まりと言われています。

グーグルマップに飛びます↓↓

住所:美喜井稲荷

京都府

京都府にある木島神社でも猫神様が祀られています。

こちらも養蚕業の神様としてで、猫が大事にされてきました。

 

狛犬ではなく、狛猫があります。

住所:木島神社

徳島県

徳島県にあるのは、飼い主の敵を討った正義の猫が祀られている「お松大権現」。

1万匹の招き猫が奉納され、猫の絵の祈願絵馬やさすれば病気を追い払うことのできる「さすり猫」も人気です。

 

グーグルマップに飛びます↓↓

住所:お松大権現

熊本県

お松大権現同様、飼い主の敵をとった正義の猫を祀るスポットとして、熊本県の「生善院観音堂

 

グーグルマップに飛びます↓↓

住所:生善院観音堂

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ