猫の爪切りの方法とコツは?必要なの?嫌がるときは洗濯ネット?

猫の爪って尖っていると痛いですよね。

爪切りって必要なのでしょうか。

爪切りするときの方法とコツはどうしていけばよいのか紹介します。

スポンサードリンク

猫の爪切りは必要?

本来、野生の猫は、木に登ったり固い地面を歩いたりして自然と爪が削れます。

しかし、家の中で飼われている猫は固いところを歩いたりしないので、爪が削れず伸びてきてしまうため、飼い主が時折爪切りをしてあげることが必要です。

 

室内で爪とぎさせているから大丈夫、ということはありません。

 

猫の爪はがいくつも重なった状態になっていて、古い層の爪を剥がし新しい爪にするのが爪とぎの役割で、新しくなった爪そのものは鋭く尖った形をしています。

これを放っておくと飼い主や家具を傷つけてしまうこともありますが、何より絨毯などの布製品に爪が引っかかって折れてしまったり、伸びすぎた爪が巻き爪になり肉球に食い込んで傷つけたりしてしまいます。

 

後ろ足の爪切りは必要?

後ろ足の爪は、そこまで伸びないので基本的には必要ありません。

しかし、ノミやアレルギーでしょっちゅう体を掻く猫の場合、爪が伸びすぎていると傷ができて化膿してしまう危険性があるので、そのような場合には必要に応じて爪切りしてあげる必要があります。

 

それと、猫キックをする猫の場合も先端を切って、尖らないようにしておいた方が良いでしょう。

スポンサードリンク

猫の爪切りの方法

とは言っても、猫は手足を触られるのが苦手な生き物なので、殆どの猫が爪切りを嫌がります。

そこを無理やり抑え込んで切ると余計に嫌がり、二度と爪切りさせてくれなくなってしまうので、まずは手足に触られることに慣れさせるところから始めましょう。

 

寝ぼけているときもおすすめです。

慣れないうちは一気に全ての爪切りをしようとせずに、何回かに分けて猫にストレスを与えないようにすると良いです。

 

爪切りの方法としては、まず猫を膝の上に乗せてリラックスさせ、足をそっと持って優しく爪を押し出します。

 

切るのは外側の爪で、神経と血管の通っているピンクの部分は絶対切らないように気を付けて、白く透明な部分を切るようにしましょう。

ピンクの部分の手前ギリギリで切ると、神経に触ってしまい痛みがでることもあるので、白い部分の中でも先端だけを切るようにすると良いでしょう。

ピンク色になっているところはダメ!慣れないなら先端だけでも

 

コツは素早く、猫に爪切りをしていることを認識させないことです。

最初のうちは非常に難しいので、猫を抱っこする係と爪を切る係の2人1組で行うと良いかもしれません。

猫の爪切りの頻度は

猫の爪切りは切り方にもよりますが、先端だけ尖っている場所を落とす程度なら、2週間に1回くらいを目安に切ってあげましょう。

  • 歩いているときに、カツカツ音が鳴っている。
  • 歩くだけでも、カーペットに引っかかっている。
  • 触ってみると、尖っていて痛い

 

こんな時には、伸びすぎているので切る必要があります。

 

洗濯ネットを使うのは?

猫が嫌がってなかなか爪を切らせてくれないときは、まずリラックスさせることが大切です。

前述の通り押さえつけて切るのはNG、手に優しく触れて撫でてあげましょう。

 

洗濯ネットに入れて大人しくさせ、ネット越しに爪を切るという方法もあります。

しかし、洗濯ネットに入ることは猫にとってはストレスになり、何度も繰り返しているとネットを見ただけで逃げ出すようになってしまいます。

できれば洗濯ネットは最後の手段にしておくことをお勧めします。

 

ご機嫌斜めでどうしても嫌がるようであれば、別の機会を待ちましょう。

まとめ

猫の爪切りは必要です。

ケガや痛いからだけでなく、爪が巻いてしまって変形したりするのを防ぐためです。

 

猫のストレスにならないように、少しずつ試していきましょう。

ちなみに我が家の猫の爪切りは、寝ていてるときに切って、嫌がりだしたら次に日にしています。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ