猫のトイレのしつけ方は?失敗してしまう理由は?

猫を飼い始めたときに、しないとダメなのはトイレのしつけです。

猫のおしっこはかなり臭いので、失敗してしまうと悲しいことになります。

 

今回の記事では、猫のトイレのしつけ方、なぜ失敗してしまうのか紹介していきます。

スポンサードリンク

猫のトイレのしつけは犬より簡単

猫のトイレのしつけは犬より簡単です。

と言うのも猫は砂の上に排泄するという習癖があるためです。

 

室内では唯一の猫砂の上に数回排泄すればそこが自分専用のトイレと認識してくれます。

トイレを用意して放っておくだけで、トイレを覚えてくれる猫もいます。

 

ただし、すべての猫が放っておけばよいというわけではありません。

猫のトイレのしつけの最初は置く場所から!

スポンサードリンク

猫がしたくない場所にトイレを用意してしまうとそこではやりたがらず、他の場所に粗相する癖がついてしまいます。

 

猫が好む場所は、落ち着いてできる静かな場所です。

猫にとって排泄中は無防備な状態なので、騒がしく人通りの多い場所を本能的に避けます。

 

また、猫がご飯を食べる場所の近くもダメ!

猫は食事する場所、トイレの場所というのはハッキリと分ける習性があるからです。

 

猫にとってはトイレも縄張りの1つなので、一度トイレの場所を決めたなら動かさない方が良いのですが、覚えさせるまではしつけしやすい場所に置き、徐々に予定の場所へずらしていくという方法もあります。

猫のトイレの種類

猫のトイレには種類がたくさんあります。

砂が出にくいようにドーム状になっているもの、扉がついているものなどです。

 

こういった、トイレを囲んでいるタイプのものは猫が嫌いなことがあるので注意が必要です。

入ってくれないのであれば、トイレの形を変更する必要があります。

 

また、猫砂も種類があります。

小さい粒、大きい粒のもので猫に好き嫌いがあるので、失敗してしまう場合は変えてみるとよいでしょう。

猫のトイレのしつけ方法

トイレをしつけるには、まず猫のトイレサインを見逃さないことが大切です。

猫は排泄したくなると落ち着きなく床の匂いを嗅ぎながらウロウロし、次に床をひっかくような動作をします。

 

この時点で猫を抱きかかえ、そっとトイレに置いてあげましょう。

終わったあとは、猫の前足で猫砂を排泄物にかけさせるようにし、猫がトイレから立ち去った後に排泄物を処分しましょう。

 

ただ、猫は自分のニオイが付いている場所を自分のトイレと認識します

最初は猫砂はしばらくそのままにする、もしくは一部を残しておいて、すぐに消臭しないようにしてください。

 

これを数回繰り返せばすぐにトイレを覚えます。

(残しておくのはトイレを覚えるまでで良いでしょう)

 

また、間違ってそそうした時に拭き取ったティッシュなどを少量トイレに入れておくというのも有効です。

猫がトイレに入ったらそっとしておく

排泄中に突然大きな音がしたり誰かが近づいてきたりすると驚いて、もう安心してトイレを使うことができなくなります。

 

すると他の場所でするようになってしまうことがあります。

 

きちんと出来ているか気になる場合でも離れたところで、静かに見守るようにしましょう。

猫がトイレを失敗するときは

トイレをしつけたつもりなのになぜか猫が他の場所にしていまう場合、そこには何らかの理由が隠れているはずです。

 

例えば猫は汚れたトイレを嫌います。

まだ1度使っただけの猫砂でも嫌がることがあります。

 

あるいは上に書いたように騒々しいなど場所が気に入らない、あるいはトイレ中に驚かされるようなことがあった

他のもっと気に入る場所が見つかった、といったことが挙げられます。

 

理由が分かればそれを解決することでまたきちんとトイレを使用するようになるでしょう。

他の場所で失敗した場合には、すぐに片づけて臭いが残るとがないよう注意しましょう。

 

臭いが残ったままだとそこがトイレと思い込んでしまう可能性があります。

それか、その場所にトイレを置いておくというのも有効です。

猫がトイレを失敗しても怒らない

もしも、トイレではない場所でしてしまった場合でも、けっして怒らないというのは大事です。

 

失敗してしまったことを怒ったとしても、猫には全く理解できません。

猫を怒ってしまうのは無意味で、ストレスを与えるだけなので、まずは静かに淡々と綺麗にニオイが残らないように掃除します。

 

そして、失敗した理由を探しましょう。

  • トイレの場所が悪い
  • トイレが汚い
  • 猫のトイレのタイミングを見ていなかった
  • 猫トイレに入りづらい
  • 猫砂が気持ち悪い

 

など、理由を探して対策してあげるとよいでしょう。

まとめ

猫のトイレのしつけは本能的に、早めに覚えてくれることがほとんどです。

ただし、失敗してしまうときには叱ったりせずに原因を探してあげましょう。

 

  • 猫トイレの置く場所
  • 猫トイレの種類
  • 清潔にしているか

失敗の原因の多くは、これなのでトイレの数を増やしたりして、猫に合ったトイレをよういしてあげてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ