猫がよだれを出して元気がない!原因と治療法は?

 

猫がよだれを出して元気がないなんてことなら、心配になりますよね。

 

実際に、放置しておいて良いということはあまりありません。

猫がよだれを出して元気がないときの、原因と治療法について紹介していきます。

スポンサードリンク

猫のよだれが出る原因と治療法は

猫は犬のようにしょっちゅうよだれを垂らすようなことはありません。

(犬はよだれを垂らして、蒸発させることで熱を発散させています)

つまり、猫がよだれを出している場合にはそれなりの何らかの理由が考えられます。

猫がよだれを出すけど様子を見るときは

例えば猫の味覚は苦みには割と敏感なので、誤って苦いものを食べてよだれを出すこともあります。

また、乗り物酔いでよだれを流すこともあります。

 

あるいは歯の間に物が挟まったり、上あごにとげのようなものが刺さったりなど口の中に異物があると、その異物を洗い流そうとして大量のよだれを出すこともあります。

 

この場合は様子を見ていると自然とよだれが出なくなるので、元気があるときには様子を見て、長く続くようなら病院で診てもらいましょう。

 

このような原因であれば簡単に解決出来ますが、よだれを出すだけでなく食欲や元気がないようであれば、何らかの病気が考えられます。

感染症でよだれが出るとき

 

それ以外には猫伝染性鼻気管炎や猫カリシウィルス感染症などの猫風邪が悪化した場合にも口内に潰瘍が出来るため、「たかが口内炎」と侮るわけにはいきません。

 

よだれだけでなく、目ヤニ、咳などの症状を合わせているときには病院へ行く必要があります。

猫風邪によるよだれであれば、その疾患の治療が優先事項となるでしょう。

口内炎・歯周病でよだれが出るとき

猫のよだれで最も多い疾患は口内炎や歯周病などの口の中のトラブルです。

 

口内炎は口の中の異物や喧嘩などで誤って口の中を噛んでしまったときにも現れます。

また、歯周病は口内で細菌が繁殖し、悪化すると歯周ポケットに膿が溜まり始める「歯肉炎」と「歯周炎」の総称で、この場合よだれだけでなく口臭もきつくなるという特徴があります。

 

口内炎や歯周病の治療法としては、まず口内を洗浄・消毒し抗生物質で炎症を抑えて悪化を防ぎます。

そして、歯石を除去し、食習慣の改善を図ります。

がんでよだれが出る

口内のトラブルとして最悪なのは口の中に扁平上皮がんを発症した場合で、扁平上皮がんは口内に潰瘍を作り出血するため、血の混じった粘り気のあるよだれになることが特徴です。

 

口内の扁平上皮がんであれば、切除手術や抗がん剤、放射線治療などの処置がとられることになります。

中毒でよだれを出す

誤って何かを飲み込んで起こす中毒でもよだれを流すことがあります。

これは重症の場合には、意識が無くなる、痙攣をおこすというようなこともあります。

 

中毒が原因と考えられる場合には、まずその原因物質を特定し、吐かせたり活性炭を投与したり胃洗浄を行ったりして体外へと排出させる・あるいは毒性を弱めることが治療法となります。

 

熱中症でよだれを出す

熱中症でも、症状の1つとしてよだれを流します。

あまりの熱さで飲み込むことが出来なくなったり、少しでも熱を下げるために身体を濡らすために、よだれを出すのだす。

 

熱中症の疑いがある場合は、まずは猫の体を冷やすために濡れタオルで巻くなどしてから病院へ連れていきます。

注意することは、キャリーケースに入れて長時間移動したり暑い車内に長く放置したりしないようにしてください。

まとめ

いずれにしてもよだれを出し元気がないようであれば、出来るだけ早く獣医さんのところへ連れていきましょう。

 

大したことがないならば、良いのですが、猫がよだれを出して元気がないというのは異常なことというのは覚えておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ