どうして猫のよだれが臭い!?口臭の原因と対策は?

猫に顔を近づけてみると、なんだか臭い・・・。

口の周りが少し濡れていて、よだれが臭い・・・。

 

これは明らかに異常が起こっているのは間違いありません。

猫のよだれが臭いときにの原因と対策はどうすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

猫のよだれが臭い

そもそも猫がよだれを出すことは珍しく、それ自体何らかの異常があると考えられるのですが、加えてそのよだれが臭い・口臭がキツイという場合には注意が必要です。

 

よだれを出して元気が無いというのは、感染症などの病気の可能性が高くなるので注意が必要です。

猫がよだれを出して元気がない!原因と治療法は?

 

猫の口が臭いなぁくらいで終わらせてはダメです!

とくに猫の口臭の1番の原因になっている歯周病は猫の寿命にも関わってくる問題なのです。

スポンサードリンク

歯周病が口臭の原因

猫のよだれと口臭で考えられる代表的な疾患は「歯周病」。

猫の歯周病も人間のそれと同じで、口内に残った食べ物のカスなどを餌に口内の細菌が繁殖し、歯垢を形成します。

 

歯垢は歯や、歯と歯の間の歯周ポケットに溜まって細菌が繁殖し、それを排除する免疫細胞の攻撃によって歯肉組織に炎症を起こし、歯肉炎になります。

歯肉炎が更にひどくなると歯周炎となり、この「歯肉炎」と「歯周炎」を合わせて「歯周病」と呼ぶのです。

 

よだれが出るようになったなら、歯周病が進行している証拠です。

口の中で細菌が腐敗ガスを出しながら繁殖しているわけですから、そのよだれも臭くなって当然です。

 

歯周病にかかった場合は、よだれや口臭の他に

  • 餌(特にドライフード)を食べにくそうにしている
  • 食べるのが遅い
  • 歯が黄ばんでいる
  • 歯がグラグラする
  • 歯茎が赤い

こんな症状を見せるため、チェックしてみてください。

 

歯周病の原因は主に歯磨きを怠るなどの口の中の衛生状態が悪いことにあります。

それ以外にも猫エイズやネコ白血病ウィルス感染症などに罹り免疫力が落ちて細菌を制御できなくなってしまった時。

尖ったものを噛んだなどのアクシデントで歯茎に傷がつき、そこから炎症を起こして歯周病に発展する。

ということもあります。

 

猫が歯周病になっているときに繁殖している細菌の毒素は、内臓に対してダメージを与えるでストレスや疲労を溜めてしまい、寿命が短くなるとも言われています。

もちろん口内環境が悪いと、食べることが出来なくなり栄養が足りないなんてことも起こります。

歯周病の対策

歯周病になってしまったなら自宅で治すことはできないので、必ず病院に連れていき、歯石を取り除いて口内をキレイに掃除してもらいましょう。

 

自宅で出来る対策法としては、予防として

  • 飼い主の手で歯磨き
  • 歯磨きガムを噛ませる
  • 歯に残りやすいウェットフードをやめてドライフードにする

 

といったことが出来るでしょう。

基本的に猫は歯磨きを嫌がるので、できれば子猫の時から定期的に行って歯磨きに慣れさせることをお勧めします。

猫の歯磨きはこちらの記事を参考に↓↓

猫の歯磨きのやり方は?コツはあるの?

腎不全が口臭の原因

歯周病以外に考えられる疾患としては、「腎不全」が挙げられます。

腎臓機能が低下することで体内の毒素を尿へ送って排出させにくくなるのですが、この病気が進行すると「尿毒症」になり、口内やよだれがアンモニア臭を発するようになります。

 

腎不全になると

  • 水を大量に飲む
  • 脱水症状を起こす
  • 体温が低下する

 

といった症状も現れます。

腎不全に罹ったなら尿毒症に至る前に素早く気付いて病院へ連れて行くべきでしょう。

そのためにも、日ごろから猫の様子をよく観察しておくことが大切です。

まとめ

猫の口臭の1番の原因は歯周病です。

たかが歯周病とは言えないくらい身体への悪影響が大きいので放置はすべきではありません。

 

また、腎臓が悪いということもありますが、肝臓など他の内臓が悪いときにも口臭がきつくなることもあります。

猫の口が臭い時には大事になることもあるので早めに病院へ連れて行くようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ