猫に与えたい人気のおもちゃランキング!

猫のおもちゃってたくさんありますよね。

どれを選んでよいのか迷うと思います。

 

そんな猫好きのあなたのために、おすすめしたい猫のおもちゃをランキングにしてみました。

スポンサードリンク

猫に与えたい人気のおもちゃランキングは

数ある猫のおもちゃの中でも、猫の狩猟本能を刺激する「猫じゃらし系」は価格もお手頃で人気があり、ランキングでも必ず上位にランクインします。

 

狭いところを見ると入りたくなる猫の習性を利用した猫用トンネル。

高いところが大好きな習性を満足させるキャットタワーも人気のおもちゃです。

 

ランキング形式でおすすめを紹介しますが、我が家の猫さんが楽しんでくれた。通販サイトで口コミが良いものから選んでいます。

スポンサードリンク

第1位:キャティーマン・じゃれ猫 宙返り

200円程度で購入できる上に猫の食いつきも良い、非常にコストパフォーマンスに優れています。

 

鳥の羽根の飾りと鈴が目と耳ともに猫の狩猟本能を刺激します。

紐の長さも調節できるので、遊んであげる飼い主も座ったまま猫を沢山走らせたり近距離でハンター気分にさせたりと、楽しみ方は色々あります。

 

夢中になって遊んでいると羽根の部分がすぐにボロボロになってしまいますが、安いので何度でも買い替えることができます。

キャティーマン じゃれ猫 宙返りはこちら>>

第2位:キャティーマン・じゃれ猫 LEDにゃんだろ~?!光線

元々ビジネス用に使用されていたレーザーポインターも、猫にとっては楽しいおもちゃ。

壁や床に光線を当てて動かすと狩猟本能を刺激され光を「狩ろう」として追いかけます。

 

特にこのキャティーマンの「じゃれ猫 LEDにゃんだろ~?!光線」は猫のおもちゃとして作られていて、光はネズミの形、猫の目に優しい弱い光が採用されています。

キャティーマン じゃれ猫 LEDニャンだろー?!光線はこちら>>

第3位:スポーツペット キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

Amazonでは猫用おもちゃのベストセラーNo.1とされている、電動式のおもちゃ。

円に沿って猫じゃらしが次々と飛び出しくるくると動くため、猫は夢中になって捕まえようとします。

(我が家の猫さんは初めてこれを体験した日は疲れすぎて爆睡しました)

 

猫じゃらしの速さは4段階で予測できない動きをするので、飽きない楽しさがあります。

放っておいても独りで遊んでくれるので、飼い主が構ってあげられない時にもおすすめですね。

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンはこちら>>

第4位:ドギーマン・ペット遊宅 みつまたプレイトンネル

3つのトンネルで構成されるポリエステル製の猫トンネル。

猫はポリエステルが擦れる時のカシャカシャという音が大好きで、出口には上から糸でぶら下げられた「誘い玉」が付いていてこれでハンター気分を楽しませることもできます。

 

薄暗いトンネル内でくつろぐも良し。折り畳み式なので片づけると邪魔にもなりません。

これを使って、出口のところで猫じゃらしをフリフリすると楽しんで遊んでくれます。

ペット遊宅 みつまたプレイトンネルはこちら>>

第5位:マウ・タワー プルミエ

爪とぎもできる一石二鳥のキャットタワー。

トンネル型の小さな小屋も付いているので、猫の高いところに登りたい習性と狭いところに入りたい習性の両方を満たすことができます。

 

高いところから窓の外を見られる場所に置くとストレス解消にもなります。

お留守番中も退屈せずに済みますね。

 

これも高い場所で猫じゃらしをフリフリすると、床で遊ぶよりも反応が良いですよ。

mau キャットタワー プルミエはこちら>>

第6位:マルカン どこでも爪とぎタワー

おもちゃというより、爪とぎなのですがゴムの紐におもちゃがくっついています。

我が家の猫さんに与えたときには15分以上飛んだり跳ねたりし続けてくれました。

 

紐の先のおもちゃはしばらくすると取れて無くなります。。。

そんなときには、ふわふわのボールを紐に縫い付けてあげると、再び飛び跳ねてくれます。

 

猫は爪とぎをするときには、縦型の方が好きな場合も多いので、床置きタイプの爪とぎをしない場合には良いかもしれません。

マルカン どこでもツメとぎタワーはこちら>>

まとめ

猫のおもちゃはたくさん種類がありすぎます。

しかも、猫によって好きなおもちゃは違うので色々試さないと分かりません。

 

また、1週間くらいすると猫はおもちゃに飽きてしまいます。

そんなときには片づけておいて、しばらくしたら出すとしっかり遊んでくれます。

 

1週間ごとに出したり片づけたりするとマンネリ化せずに、遊び続けてくれるのでおすすめです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ