猫に牛肉を与えても大丈夫なの?生でもお腹を壊さない?

猫って牛肉を食べるのは大丈夫なのか気になりますよね。

また、生のまま与えてしまっても良いのでしょうか。

 

今回は猫に牛肉を与えることについて紹介していきます。

スポンサードリンク

猫に牛肉を与えても大丈夫?

本来の野生の猫の食生活を考えた場合、猫が牛を狩って食べるということはありません。

飼い猫にも牛肉を与えてよいものかどうか迷ってしまうかもしれません。

 

しかし結論から言うと、猫に牛肉を与えても大丈夫です。

牛肉にはアミノ酸やビタミンAなど猫にも必要な栄養素が含まれているため、専門家の中には「牛肉さえ与えておけば良い」という人までいるほどです。

スポンサードリンク

猫に生の牛肉は与えても良い?

そして、牛肉なら生で与えても大丈夫といえば大丈夫です。

生肉のほうが、アミノ酸、ビタミンなどが壊れないため栄養豊富なんです。

手作り食をしている方の中にも生肉を与えているという人は少なくありません。

 

そして、生肉はカリカリなどのドライフードよりも消化も良いです。

 

ただし、生肉には細菌がいると思っておいた方が良いです。

調子の悪い場合や、子猫、老猫などの免疫力が高くない状態では与えないほうがよいでしょう。

 

また、古くなってしまった牛肉はさらに細菌が増えてしまっているので、生で与えないようにします。

鶏肉と豚肉には生の場合「トキソプラズマ」という寄生虫が潜んでいる危険性があり、このトキソプラズマに寄生されると目やにや結膜炎、下痢、体重の減少といった症状を引き起こすことがあります。

 

感染しても免疫力が高い猫なら発症しないことも多いですが、トキソプラズマは猫から人間に感染の危険性があることは知っておきましょう。

 

牛肉に限らず、お肉を生で与えることは賛否両論

・栄養がしっかり摂れるから与える

・感染症の危険があるから与えない

 

この2つの意見に分かれており、専門家でさえもどちらの意見が出てくるくらいです。

最終的には飼い主さんが決定するしかありませんが、メリットデメリットを知っておいて与えるべきでしょう。

 

生肉を与えることが良いことは多いけど、感染症が怖い・・・という場合はヒトが生で食べられるものを基準にして与えるというのがおすすめです。

つまり、スーパーなどで売られているお肉は、与えずに生食専用のものを取り寄せて食べさせるのです。

 

実際に取り寄せて安全なものだけを選んでいる飼い主さんも多いです。

猫に牛肉を与えるときの注意点

味付けに注意

加熱する場合ついつい人間のように塩などで味付けしたくなるかもしれませんが、猫に調味料は不要です。

むしろ体調不良の原因にもなるので控えましょう。

食べ過ぎに注意

ビタミンAは必要な栄養素とは言え、多すぎると骨が変形するなどのビタミンA過剰摂取症を引き起こします。

特にレバーにはビタミンAが多く含まれているため、レバーは加熱・非加熱に関係なく牛肉であっても与えない方が良いでしょう。

 

それとカロリーの問題もあるので、牛肉の脂身部分は取り除いて、赤身のところだけを与えるようにします。

体調が悪いときに注意

上にも書きましたが、体調不良で免疫機能や胃腸機能が弱っていると普段なら全く問題のない「キャンピロバクターや大腸菌」というで中毒を起こすことがあるため、生肉はNGです。

急に与えるのは注意

今までキャットフードしか食べていなかった状態で、いきなりたくさん牛肉を与えるのはダメです。

食べるものが急激に変化すると、身体に良い物でも消化不良を引き起こす原因となってしまいます。

 

与えるのであれば、最初は少量ずつ与えていくようにしましょう。

まとめ

猫に牛肉を与えるのは大丈夫なことは分かったでしょうか。

もちろん、脂身の多い場所は、下痢をしたり、カロリーが多すぎになってしまうのでダメです。

 

そして、生の牛肉も与えるのは栄養補給として最高ですが、最初は半生にしてみたり、量を調節しながら与えるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ