猫はブロッコリーを食べる?大丈夫なの?

  • 猫がブロッコリーを食べてしまった。
  • 猫にブロッコリーを与えても大丈夫か知りたい。
  • 与えるときには適量がどれくらいか知りたい

 

こんな情報を知りたいならぜひ、読んでいってみてください。

今回の記事では猫とブロッコリーについて紹介します。

スポンサードリンク

猫にブロッコリーは大丈夫?

本来肉食の猫がブロッコリーをつまみ食いしているのを発見したなら、「食べても大丈夫なの?」と心配になるかもしれません。

結論から言うと、ブロッコリーに含まれる成分には、少し食べただけで危険というような有害なものはないため、適量を上手に与えるのであれば問題ありません。

 

ブロッコリーはスポーツ選手が積極的に摂りたい、最強の食べ物とまで言うくらい、栄養素が豊富に含まれています。

 

これは猫にとっても同じで、食物繊維による便秘改善効果。

ビタミン及び「スルフォラファン」と呼ばれる成分による抗ガン作用・抗酸化作用。

鉄分による貧血改善効果も期待出来ます。

スポンサードリンク

それでも猫にブロッコリーの与えすぎはダメ

ただし、猫に与える場合はあくまで「適量を上手に」が基本です。

消化不良

猫は肉食動物なので、野菜類の消化は得意ではありません。

ブロッコリーの食物繊維は便秘解消効果があるとはいえ、与えすぎは消化不良になり、下痢・嘔吐を引き起こす可能性があります。

甲状腺が弱いと注意

またブロッコリーはアブラナ科の野菜で、アブラナ科には「グルコシノレート」という成分があります。

グルコシノレートは体内で消化されると「ゴイトロゲン」という物質になります。

 

これは甲状腺ホルモン生成を妨げ、甲状腺の機能低下を招く危険性もあります。

 

ブロッコリーに含まれている程度のグルコシノレートで甲状腺障害を来す危険性は高くはありません。

しかし、もともと甲状腺に持病のある子や体質的に弱い子には与えない方が良いでしょう。

尿路結石に注意

またブロッコリーにはシュウ酸も含まれているため、尿路結石を起こしやすい猫には注意が必要です。

どのくらいのブロッコリーが適量?

猫にブロッコリーを与える場合には、多くても1日に小さじ1杯程度。

 

茎の部分は食物繊維が特に多いため猫に与えるなら葉の部分のみにし、これを茹でて細かく刻みましょう。

これでより消化が良くなり、茹でることによりブロッコリーに含まれるシュウ酸を減らすことが出来ます。

 

いずれにしても、ブロッコリーは「猫にとってどうしても必要は栄養素」というわけではないので、猫が好まないなら無理に食べさせる必要はないでしょう。

 

いきなり大量に食べたというのであれば、とくに消化不良による嘔吐、下痢をする可能性が高いです。

元気が無い、呼吸が速いなど様子がおかしいのであれば病院へ連れていきましょう。

まとめ

猫がブロッコリーを食べても大丈夫ですが、1度に食べ過ぎたときには消化不良を起こすことがあります。

また、与えるときには量に注意してあげましょう。

 

ブロッコリー好きな猫もいますが、大量に食べ続けさせるのは気をつけるようにするべきです。

 

もし、置いてあるブロッコリーをかじろうとするであれば、胃の中を綺麗にしたいのかもしれません。

与えていないのであれば、猫草を買ってきてあげると良いです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ