猫はパンを食べても大丈夫?アレルギーとかないの?

猫に何でもかんでも与えてしまうのは良くないことは多いです。

 

今回はパンを猫に与えても良いのか大丈夫なのか紹介します。

アレルギーなど問題は無いのでしょうか。また、どれくらいの量なら与えても良いのでしょう。

スポンサードリンク

猫はパンを食べても大丈夫?

猫は本来は肉食なので、パンなどの炭水化物を必要としていません。

しかし中には飼い主が食べているパンを一度食べてみて、味をしめてしまった猫もいます。

 

バターが使われているため、猫によっては大好きということもあります。

 

結論から言えば、毒になるというわけでは無いので猫が欲しがるようであれば与えても問題ありません。

しかし与える量とパンの種類は注意しましょう。

スポンサードリンク

猫にパンはアレルギーが起こることがある

パンの原料は小麦です。

この小麦でアレルギーを起こす猫がいるので注意が必要です。

 

猫は肉食動物なので、小麦など穀物の消化を苦手としており、大量の穀物を摂取してしまうと胃腸に負担になります。

未消化のまま体内に残った穀物に反応し、痒みや目やになどのアレルギーを引き起こすことがあります。

 

猫にアレルギー症状が出たときに、原因は何だろう?と考えたときには小麦などの穀物というのは、最初に疑われるものです。

 

キャットフードには原料に小麦が使われているものがあります。

安いキャットフードほど量を増やすために、小麦などの穀物が使われているのです。

 

これが知らず知らずのうちにアレルギーを引き起こしていることは少なくありません。

 

猫のためには穀物が含まれていないキャットフードを選ぶようにしましょう。

イギリス最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』

 

猫にパンはカロリーに注意

パンに含まれている炭水化物は体内で糖分に分解されるため、肥満や糖尿病の心配もあります。

 

従って、1日1かけらくらい与えても問題ありませんが、それ以上は肥満や糖尿病の危険性が出てくるわけです。

菓子パン・総菜パンはもっと注意しよう

惣菜パンや菓子パンには注意が必要です。

惣菜パンの中には猫が食べると赤血球を破壊してしまうネギ類を使用しているものもあります。

 

また、塩分が高い物も多いです。

 

菓子パンは糖分の摂り過ぎ以外にも、チョコやココアを使用している場合に中枢神経を刺激する毒素となり不整脈や痙攣、発作、嘔吐などの中毒症状を引き起こす危険性があります。

 

惣菜パンや菓子パンには様々な原材料が使われているので、与えるのであればしっかり確認する必要があるでしょう。

トランス脂肪酸も注意

パンの中には、とくに総菜パンなどにはショートニングが使われているものが多いです。

これにはトランス脂肪酸というものが含まれています。

 

トランス脂肪酸はアレルギー、心臓の負担、血管の負担になると言われており、人間でも使用禁止されつつあるものです。

(欧米などは禁止されている国は多いです。日本はいまだに規制無し)

まとめ

猫にパンを与えるのであれば、できれば無添加のプレーンパンを探すか自宅で手作りすることが理想です。

 

そこまでするのは・・・というのであれば、与える必要が無いので与えないほうが良いでしょう。

猫が欲しがってしまって、ついついあげちゃうのであれば、ほんの1かけらくらいにしておくと良いです。

 

量を与えすぎるとアレルギー、肥満などの問題が出ることがあるので注意すべきです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ