猫ってげっぷする?何が原因なの!?病気の可能性は?

猫がげっぷをしていると、何があったのかな?気持ち悪いのかな?と心配になるかもしれません。

もちろん異常が無いということがほとんどなのですが、もしかしたら病気という可能性もあります。

 

今回の記事では、猫がげっぷをする原因について紹介しています。

スポンサードリンク

猫ってげっぷするの?

そもそもげっぷの原因は大きく分けて2つあります。

1つ目は飲み込んだ空気、2つ目は腸内で消化するときに発生したガスです。

 

げっぷは胃の中に溜まった空気やガス等を口から排出させる生理現象で、猫もげっぷします。

猫の場合のげっぷはしゃっくりのような小さく息を吐き出すようにします。

スポンサードリンク

猫がげっぷをする原因は

猫がげっぷをしてしまう原因にはいくつかありますが、別に気にしなくて良いことは多いです。

 

しかし、食事のたびに何度もげっぷしていたり、食後でないのに普段からげっぷするようであれば、何らかの異常が考えられます。

①空気を飲み込んでいる

子猫が母乳を飲むときに空気も一緒に飲み込んでしまうため、母猫が背中を舐めてげっぷさせます。

 

成猫になっても餌は基本的にあまり噛まずに丸呑みするため、空気を飲み込みやすくげっぷすることがあります。

 

これらは人間と同様生理現象なので特に心配いりません。

食後に1~2回げっぷするだけなら正常の範囲と考えてよいでしょう。

②与えているキャットフードに問題がある

本来猫は肉食で動物性たんぱく質以外を必要としないのですが、市販の安いキャットフードの中には穀物(小麦、お米)を混ぜ込みカサ増ししているものもあります。

 

猫にとって本来不要の栄養素は消化不良を起こしやすく、ガスを発生させてげっぷが出やすくなるのです。

食事ごとに何度もげっぷをするなら与えているキャットフードを見直してみる必要があります。

 

げっぷをしているということは、消化不良を起こし胃腸に負担をかけ続けているということ。

長い目で見れば、健康に良いわけがありません。

 

おすすめしたい穀物が使われていないキャットフードは↓↓

イギリス最高級のグレインフリーキャットフード『カナガン』

③食道の異常

猫のげっぷの原因でもっと厄介なのは、何らかの病気が原因になっている場合です。

病気として考えられるのは、まず食道の異常です。

 

・食道に何かが引っかかって詰まっている「食道梗塞」

・薬物・ウィルス・細菌などにより食道粘膜に炎症を起こしている「食道炎」

 

などによって食道が狭くなってしまっているとげっぷが出やすくなります。

 

食道に疾患がある場合、ひどくなるとげっぷだけではありません。

餌を吐き出したりよだれが出たり、首や喉に触れられるのを極端に嫌がったりします。

 

これらの兆候が見られたならすぐに病院へ連れていきましょう。

④胃の異常

また食道の先、胃に異常がある場合もあります。

「胃捻転」はその代表的なもので、胃の中で発生したガスによって胃が膨らみ、ねじれてしまう病気です。

 

食べ過ぎや食べたものが胃の中で発酵しガスを発生させたり、大量の食事をした後すぐに運動したりすることで起こるとされています。

 

これによって胃周囲の血行が悪くなったり、胃の壊死や血流圧迫でショック状態になり、死に至る事さえあります。

胃捻転を起こした場合、げっぷと共に腹部が膨らみ痛みの為に触られるのを嫌がり、よだれや呼吸困難などの症状を見せるようになります。

⑤鼻の異常

また、鼻炎などで鼻呼吸ができず、口呼吸しているために空気を大量に飲み込み胃に溜まってしまう「鼓脹症」という病気もあります。

 

息苦しそうにしていたりという症状があれば、これも放っておくと死ぬ事もあるため、すぐ病院へ連れていってください。

まとめ

食後に1~2回であれば、気にすることはありませんが、それ以上多い回数げっぷしているのであれば原因を考えるべきです。

げっぷの回数が多い原因はキャットフードにあることは少なくありません。

 

猫の健康、寿命のことを考えて質のよいキャットフードを選んであげてください。

 

また、げっぷが多いだけでなく、息苦しそう、元気が無い、吐いているなどの症状がある場合には病院へ連れていきましょう

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ