猫が毛づくろいの過剰ではげてる!原因と対策は?

猫の毛が抜けてしまってはげていると何が原因なのか気になりますよね。

 

今回の記事では毛づくろをし過ぎてしまうことで、毛が抜ける原因と対策について紹介していきます。

スポンサードリンク

猫が毛づくろいではげる原因と対策

猫の過剰な毛づくろいが原因で体毛の一部が抜け落ちてしまっている、つまりハゲができてしまっていることがあります。

 

自分自身で舐め続けることで起こるため、前足と後足の内側や下腹、股の付け根など舐めやすいところにできるのが特徴です。

また、背中や頭など舐めにくいところ・舐めるのが不可能なところには現れません。

かゆい

このように毛が抜け落ちるほど過剰な毛づくろいをする原因としては、アレルギー性皮膚炎や寄生虫、ノミやダニなどが挙げられます。

あまりにもかゆいため、毛づくろいをし過ぎて毛が抜けていってしまいます。

 

ノミやダニが原因であればハゲが出来るだけでなく普段から痒そうにしているのですぐに見て分かります。

アレルギー性皮膚炎や寄生虫は炎症を起こしていれば、飼い主が見てもそれと気づきます。

 

皮膚に発疹が出来ていたり、かさぶたが出来ていたり、ノミが毛の中で動いているなら、かゆみが原因です。

この場合は病院へ連れていけばすぐに診断してもらえるでしょう。

 

原因となっている寄生虫やダニ・ノミを駆除し、アレルゲンを突き止めてそれに触れさせないようにすると同時に獣医さんに処方してもらった薬を定期的に投薬すれば、徐々に回復していくでしょう。



スポンサードリンク



心の問題

一方で、病院で検査してもらっても「異常なし」と診断される場合、その毛づくろい過剰によるハゲは「心因性脱毛症」と判断出来ます。

 

もともと猫の毛づくろいには「体をキレイにする」だけでなく「心を落ち着かせる」という意味合いもあります。

 

  • 喧嘩した、驚いたなど何か興奮する出来事があった時
  • 気に入らないことがあったりや飼い主に叱られたりしてイライラしている時
  • 留守番をさせられて寂しい思いをするなどストレスを抱えている時

 

こういった時には毛づくろいをすることで心を落ち着かせる「転位行動」をとるのは正常な行動です。

 

ただし、精神的ストレスが長期間にわたって続くことでひたすら転位行動をし、同じ個所を摩擦し続けるために毛が抜けてしまうのです。

ストレスがひどくなると舐めるというよりは毛を引きちぎっているような感じで、精神的な問題で人間が自傷行為を行う場合と同じような感覚と理解することが出来ます。

 

転位行動による毛づくろいの場合、飼い主の前で行わず夜間や見えないところで行うことが多いのが特徴です。

 

飼い主が気が付いた時にはもうハゲができてしまっていたということがほとんどです。

しかし、残っている毛の先端を虫眼鏡などで拡大して見るとちぎれた跡があり、毛羽立っているのでそれと見分けることが出来るでしょう。

 

心因性脱毛症であれば、まずそのストレスの原因を突き止め排除することが一番の対策となります。

 

  • 運動不足
  • 飼い主が構ってくれない
  • 引っ越し
  • 同居人が増えた
  • トイレが汚い
  • 落ち着ける場所が無い
  • 多頭飼いしている
  • 留守番が多い
  • 音がうるさい
  • 香水、タバコ臭い

など、ストレスの原因は色々あるため、よく観察し環境の改善を図りましょう。

あまりにも重症の場合は、抗不安剤や精神安定剤などの投薬治療がとられることもあります。

まとめ

皮膚にかゆみがあって、毛づくろいし続けているなら、対策をすれば比較的治るのは早いでしょう。

 

精神的ストレスのせいで毛づくろいが過剰になっているときは、猫のストレスのことをしっかり知っておくべきでしょう。

ストレスでは毛づくろいではげるだけでなく、寿命を縮めるような病気を引き起こすことも少なくありません。

 

飼い猫のストレス解消をしっかりしてあげましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ