暑いから?猫が口呼吸する原因は病気の可能性も!?

猫が口呼吸していたら、めずらしいですよね。

暑いから口呼吸しているから大丈夫?

いやいや、これって放っておいてはダメなことって知っていますか?

 

今回の記事では、猫が口呼吸をする原因と病気について紹介していきます。

スポンサードリンク

猫が口呼吸をするのは暑いから?

猫は本来鼻呼吸で、体温調節として口を開けてハァハァと息をすることもほぼありません。

ときどきですが、暑い日に走り回ったあとに一時的に口呼吸することはありますが、じっとしていても口呼吸しているなら注意が必要です。

 

犬の場合は暑い日に口を開けてハァハァと口呼吸する姿をよく見かけますが、これは体温調節をしています。

 

しかし、例え暑い日でも何もしていない猫がこのような仕草をしている時には「暑いからなぁ~」と素人判断をしてはいけません。

猫が口呼吸をするのは基本的に呼吸困難になっている証拠と考え、出来るだけ早く病院へ連れていきましょう。

スポンサードリンク

猫の舌の色をチェック

目安は舌の色です。

口呼吸をしている猫の舌を観察してみて、色がピンクから赤っぽくなっているのであればそれほど緊急ではありません。

 

もし、青紫っぽくなっているなら十分酸素が取り込めていない「チアノーゼ」の状態です。

口呼吸だけかどうかチェック

呼吸そのものが苦しそうだったりゼーゼーと音を立てていたり、よだれや咳、震えなどが見られる場合も危険です。

早急に病院に連れていかなければなりません。

 

連れていく時には喉や胸を圧迫しないように体をバスタオルなどで包み、安定したキャリーケースに入れて揺らさないように気を付けましょう。

猫が口呼吸をする原因

①鼻づまりがある

猫の呼吸困難の原因として考えられるのは、まず「鼻呼吸できない」つまり鼻づまりを起こしている可能性です。

鼻炎や鼻に出来る腫瘍、猫風邪などが鼻づまりを起こす原因になるでしょう。

 

この場合、これらの病気を治療すれば鼻詰まりも解消し楽に呼吸出来るようになります。

②呼吸器に異常がある

呼吸困難を引き起こす他の原因としては、「肺や気管支などの酸素を送り込む呼吸器官に異常」の可能性が考えられます。

 

呼吸器の異常が起こる病気はたくさんあります。

アレルギー性気管支炎

花粉や薬、食べ物など何らかのアレルゲンが気道粘膜に炎症を起こしたり気管支を収縮させたりして呼吸困難に陥ります。

肺炎

またアレルギーやウィルス感染、細菌感染、寄生虫などにより肺に炎症を起こす「肺炎」などの肺疾患

横隔膜ヘルニア

横隔膜が破れて胃や腸が呼吸器官を圧迫する「横隔膜ヘルニア」なども挙げられます。

③循環器に異常がある

もう1つ考えられる病気としては「心臓など取り込んだ酸素を全身に送る循環器に異常」の可能性もあります。

 

循環器の異常もたくさんありますが、

心筋症

心臓の筋肉が厚くなりポンプ機能が低下して血液が心臓に溜まってしまう「肥大型心筋症」を含む「心筋症」が挙げられます。

 

心筋症の多くは原因不明とされており、従って予防や根本治療も今のところありません。

心筋症のタイプに合わせた投薬治療で症状を和らげるしかなく、早期発見・早期治療が鍵となります。

貧血

また案素を運ぶ役割を果たす赤血球が減ってしまう「貧血」も、呼吸困難の原因となります。

まとめ

猫が口呼吸をする原因については分かったでしょうか?

普通であれば、口呼吸することは無いということだけは覚えておいてください。

 

口呼吸するということは

  1. 鼻づまり
  2. 肺が酸素を取り込めない
  3. 心臓が血液を送れていない

この3つの原因が考えられます。

 

鼻づまりであっても口呼吸するくらいひどいのであれば、感染症の可能性が高くなります。

なるべく早く病院へ連れていくようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ