猫にワクチンを打つ時期は?回数と頻度は?副作用はあるの?

猫にもワクチンがあります。

 

・猫のワクチンはいつ打つのか

・猫のワクチンは何回打つのか

・猫のワクチンの副作用は

今回は猫のワクチンについて紹介していきます。

スポンサードリンク

犬の場合とは違い、現在の日本では飼い猫の予防接種は義務化されていません。

 

例え完全な家猫であっても、飼い主や来客が病原菌やウイルスを運んでくる可能性はあります。

多頭飼いや自由に外を散歩できる猫であれば、感染症にかかって重症化してしまう危険性は無視できません。

 

義務化されていなくても愛猫を思うなら、予防接種を受けさせた方がよいことはあります。

 

これはあくまで飼い主の考え方によります。

外に出す猫ならワクチンは本当にしておいた方がいいと思いますが、家猫であればほぼ感染するリスクはないため副作用のことを考えるとやめた方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

猫にワクチンを打つ時期と回数は

生まれたばかりの仔猫で親猫が母乳をあげて育てているなら、生後2ヶ月ごろに最初の予防接種をします。

 

これは母乳を通して体内で作られる抗体がなくなってしまうのが丁度生後2か月ごろだからです。

生後3ヶ月の時点でもう1度予防接種をし、1回目のワクチンでは効果のない感染症を予防します。

 

病院によってはこの2回の間にもう1回予防接種を入れて、合計3回打ちに来るよう勧めるところもあります。

 

その後は1才で3回目(4回目)の予防接種です。ワクチンは1年でその免疫効果を失うため、1才以降は1年ごとに予防接種を受けるのが望ましいとされています。

 

ワクチンには「3種」「5種」「7種」とありますが、猫が感染する危険性の高い7種の病気は

「猫ウイルス性鼻気管支炎」

「猫カリシウイルス感染症」

「猫汎白血球減少症」

「猫白血病ウイルス感染症」

「猫クラミジア感染症」

 

となります。

「あれ?5種類しかないよ?」と思われるかもしれませんが、この5種類のうち「猫カリシウイルス感染症」には3種類がありそれぞれタイプが違います。

全種の猫カリシウイルス感染症を予防したいならプラス2種のワクチンが必要になるというわけです。

 

種類が多ければ多いほど値段も高くなりますが、完全な家猫なら感染の危険が殆どないワクチンもあり、猫の体にかかる負担も大きくなってしまうため、愛猫の飼育環境などを考慮して何種にするか決定すると良いでしょう。

 

猫のワクチンの副作用は

特に予防接種で心配になるのが副作用ではないでしょうか。

人間の予防接種と同じで毒性を抜いた病原体を体に入れるということなので、猫の体調などによっては稀に副作用を起こすことがあります。

 

接種当日から2~3日の間は何となく元気がない、食欲がない、下痢や嘔吐といった症状が見られるかもしれません。

 

あまりに症状がひどくなければ病院へ連れていかなくてもそのうち自然と元気になっていきます。しかし

アナフィラキシーショックやじんましん、顔のむくみなどといった症状を見せる場合には、すぐに病院へ連れていくか獣医に連絡してその指示に従ってください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ